東京エレクトロン、後継者の実力は本物か

4~9月期決算説明会で起こった「変化」とは

東京エレクトロンの宮城工場。生産性向上に取り組む同社における最新、最先端の工場だ

「その質問は、私の方から答えさせていただきます」――。 

10月27日に開かれた、半導体製造装置世界3位、東京エレクトロンの4~9月期決算説明会。アナリストの質疑応答が始まると、真っ先に口を開いたのは東哲郎社長ではなく、河合利樹副社長だった。河合氏は今年の6月、副社長兼最高執行責任者(COO)に就任。東社長自身、河合氏が「有力な後継者候補の一人」であると明言している。

後継者候補は、あまり知られていない?

東京エレクトロンはこれまで、東社長の後継者問題に頭を悩ませてきた。東社長が初めてトップに就任したのは1996年。7年間社長を務めたのち、会長職に退いたが、竹中博司前社長が体調不良を訴えて退任を申し出たことから、13年4月に再び社長に舞い戻っている。

1時間以上にわたった今回の決算説明会で、東社長が口を開いたのは冒頭のあいさつを除き一度だけ。ほとんどの質問に河合氏が答えた。

河合氏はこれまで、さほど注目されてきた人物ではなかった。7月の中期計画発表会では、主力製品の洗浄装置のシェア向上を達成した人物として紹介されたものの、業界アナリストは「よく知らない」と口をそろえる。実力は未知数だ。

次ページ利益率は予想以上だった
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • コロナウイルスの恐怖
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。