「アップル採用」報道で過熱、日韓有機EL戦争

韓国勢が量産化で先行、日本は巻き返せるか

「2018年をメドにiPhoneのディスプレーに有機ELを採用する」との報道が、さまざまな憶測を呼んでいる(写真は現行機種 撮影:大澤誠)

年間2億台超の販売台数を誇る、米アップルの「iPhone」。業界随一の“勝ち馬”に部品を供給することによって、利益を上げている日本メーカーは多い。

だが、ここにきて、足元の好調に水を差すような話が持ち上がった。アップルが2018年メドに、iPhoneのディスプレーに有機ELパネルを採用するとの観測が、大きく取りざたされたのだ。

量産化に成功したのは韓国勢だけ

有機ELパネルを採用しているサムスンの「Galaxy S6 edge」

現行機種のディスプレーには液晶パネルが採用されており、日本のジャパンディスプレイ(JDI)とシャープ、韓国のLGディスプレイの3社が供給している。

有機ELパネルは、液晶に比べ、薄型・軽量で省電力、画質がより鮮明である点などで強みを持つ。ただ、生産技術が複雑で、これまでに量産化に成功したのは、韓国のサムスングループとLGの2社のみ。サムスンは自社のスマホ「ギャラクシー」向け、LGは自社のテレビ向けを中心に生産・販売している。

JDIやシャープも有機ELの研究開発を続けているが、量産化にはこぎ着けていない。「生産におけるロスが大きく、採算が合わない。(液晶に比べ)寿命が短いという問題もある」(シャープのデジタル情報家電事業本部・宗俊昭広事業部長)ためだ。

次ページ日本勢はどう対抗するのか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT