なぜ日本人はiPhoneをこうも溺愛するのか

ここ1年でグンと評価を上げた、2つの要素

スマホ端末の顧客満足度調査。勝負の分かれ目になった要素は?(撮影:尾形文繁)

2008年にSoftBankからiPhoneが、2009年にdocomoからAndroid搭載機種が発売され、一気に普及が進んだスマートフォン。いまや携帯電話メーカーの新作発表会ではずらりと最新のスマホが並ぶようになり、いわゆる「ガラケー」を圧倒する存在となった。

毎年様々な新製品が登場しているが、ユーザーがスマホに求める価値に変化は見られるのか……。オリコン日本顧客満足度調査の「携帯メーカー」「携帯端末」の結果をもとに検証してみたい。

画像をクリックすると、「オリコン日本顧客満足度調査」の詳細を紹介するページにジャンプします

同調査は2014年と2015年の2回にわたり実施したもの。いずれも、調査年の前年に発売されたスマホを使用しているユーザーに、メーカーの満足度と端末の満足度を調査している。

今年の調査対象は携帯メーカー12社・携帯端末112機種で、アンケート対象者は全国の10代以上の男女1万8847人だ。メーカー、端末とも「通話品質」「端末の使いやすさ」「会社の信頼性」など7つの大項目に紐づく小項目について、100点満点で評価してもらった。

iPhoneシリーズが上位を独占

今年のデータを見ると、携帯メーカーのトップは「Apple」72.85点(前年比1.29ポイントアップ)。そして端末のトップは「iPhone6 Plus/au」(75.78点)、続く2位は「iPhone6/au」(75.53点)、3位に「iPhone6 Plus/SoftBank」(75.07点)、4位「iPhone6 Plus/docomo」(73.89点)、5位「iPhone5s/au」(73.40点)と、なんとiPhoneシリーズが上位を独占する結果となった。

一方、昨年のデータを見てみると、メーカーの満足度1位は「富士通」(72.21点)で、2位に「Apple」(71.56点)。端末の満足度の1位は「ARROWS NX F-01F(富士通)/docomo」(74.20点)、2位「AQUOS PHONE ZETA SH-01F(シャープ)/docomo」(72.91点)が続き、iPhoneシリーズの最高順位は、「iPhone5s/au」(72.78点)の3位だった。

調査開始以前からスマホ業界を席巻しているという印象のiPhoneだが、顧客満足度が急激に上昇したのは、むしろこの1年ほどなのだ。

次ページ何がiPhoneへの評価を押し上げた?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT