新型iPhoneには強烈な武器が仕込まれている

3D Touchをマネすることは容易ではない

モンスターラインナップの主役の1つであるiPhone6sシリーズを披露するティム・クックCEO(Reuters/Beck Diefenbach)

圧巻の新製品発表イベントだったといえるだろう。ティム・クックCEO自らが「モンスターラインアップ」と呼ぶ、年末向けの新製品群を自信満々に発表。米カリフォルニア州サンフランシスコのビル・グラハム・シビック・オーディトリアムは熱気に包まれた。

こちらが会場の看板

新しいラインナップは、Apple Watch、iPad Pro、Apple TV、iPhoneの順で発表された。つまりiPodとMac以外はすべて、というわけだが、中でもハードウェア設計と性能面の向上などでインパクトを残したのはiPad ProとApple TVだ。

しかし、製品発表後のハンズオン(製品の試用イベント)では、見た目にはまったく変化していないiPhone 6sの新機能「3D Touch」のインパクトが強烈だった。後段で詳述するが、これは対ライバルと差異化する強烈な武器として機能するだろう。

そもそも昨年9月に登場した現行のiPhone 6シリーズは絶好調。しかし、新型として発表されたiPhone 6sシリーズは、さらに大きな成功をアップルにもたらす可能性がある。

新しい居場所を見つけるため、その製品構成にメスを入れたiPad Proをはじめ、ティム・クックCEOとデザインチームを率いるジョナサン・アイブ氏を核とする体制でのアップル製品の向かう方向が定まってきたといえる。

次ページApple Watchはどう変わる?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT