新型iPhoneには強烈な武器が仕込まれている

3D Touchをマネすることは容易ではない

モンスターラインナップの主役の1つであるiPhone6sシリーズを披露するティム・クックCEO(Reuters/Beck Diefenbach)

圧巻の新製品発表イベントだったといえるだろう。ティム・クックCEO自らが「モンスターラインアップ」と呼ぶ、年末向けの新製品群を自信満々に発表。米カリフォルニア州サンフランシスコのビル・グラハム・シビック・オーディトリアムは熱気に包まれた。

こちらが会場の看板

新しいラインナップは、Apple Watch、iPad Pro、Apple TV、iPhoneの順で発表された。つまりiPodとMac以外はすべて、というわけだが、中でもハードウェア設計と性能面の向上などでインパクトを残したのはiPad ProとApple TVだ。

しかし、製品発表後のハンズオン(製品の試用イベント)では、見た目にはまったく変化していないiPhone 6sの新機能「3D Touch」のインパクトが強烈だった。後段で詳述するが、これは対ライバルと差異化する強烈な武器として機能するだろう。

そもそも昨年9月に登場した現行のiPhone 6シリーズは絶好調。しかし、新型として発表されたiPhone 6sシリーズは、さらに大きな成功をアップルにもたらす可能性がある。

新しい居場所を見つけるため、その製品構成にメスを入れたiPad Proをはじめ、ティム・クックCEOとデザインチームを率いるジョナサン・アイブ氏を核とする体制でのアップル製品の向かう方向が定まってきたといえる。

次ページApple Watchはどう変わる?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
楽天の通信事業<br>狙いと勝算をすべて話そう

2019年10月、第4の通信会社として自前回線でのサービスを開始する楽天。今回の通信参入プロジェクトを「神がかりのショット」続きだったと話す三木谷浩史会長兼社長。その真意とともに、狙いや勝算、世界を見据えた成長戦略を聞いた。