「新iPhone」から広告は締め出されるのか

iOS9でアップルがやろうとしていること

アップルは次期のiOSにおいて、Content Blockerを組み込む。果たしてその正体とは?(写真は6月の発表会でNewsアプリを披露するクレイグ・フェデリギ上級副社長、撮影:松村太郎)

アップルが今年リリースする新しいiPhone/iPad用の基本ソフトウェア「iOS 9」に、モバイル機器向けの広告を遮断する機能を組み込もうとしているという話題が、先日から業界を駆け巡り、広告による収益モデルを採用するメディア業界を中心に衝撃が走っている。

iOS 9は、9月9日に発表される見通しのiPhone 6シリーズの後継製品に搭載される見込みだが、iPhone 5など過去に販売された製品にも適用できる。iPhoneユーザーは新しい基本ソフトウェアの更新率が高いため、現役で稼働しているiPhoneが一斉にiOS 9へと移行し始めるだろう。そんなiOS 9がモバイル広告を遮断すれば、広告によるメディア事業の運営に支障が出るという懸念だ。

しかし、心配をする前に、話題となっている機能について、もう少し正しく深く知っておいた方がいい。現在の報道を見る限り、詳細が不明な部分について行間を埋めながら伝えられているところもあるからだ。

Content Blockerとは?

今般、「広告を遮断する機能」と伝えられているのは、iOS 9に内蔵されるウェブブラウザ「Safari」に組み込まれる”Content Blocker"と呼ばれる機能だ。この機能は一般ユーザーが先行利用可能なiOS 9の公開ベータには含まれていない。また、開発者登録を行える最新版では存在が確認でき、開発者向け情報も得られるが、その場合は守秘義務契約で内容を伝えることはできない。このため、すでに明らかになってきている既知の情報を元にContent Blockerとは何か、その大枠を捉えることにしたい。

次ページブロックする目的とは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。