「新iPhone」は、現行モデルと何が変わるのか

感圧タッチが目玉機能になる可能性

アップルから届いた招待状。Siriにこの言葉を投げ掛けてみると?

アップルから、プレスイベントの招待状が届いた。キャッチフレーズには「Hey Siri, give us a hint.」と書かれていた。「Hey Siri」はiPhoneの充電中やApple Watchで、アップルの音声アシスタントのSiriを起動するための言葉だ。ちなみに、実際にSiriに上記の質問をしてみると、9月9日に大きな発表がある、と教えてくれる。

サンフランシスコのシビックセンターで開催

米国西海岸夏時間9月9日10時から、サンフランシスコの官庁街に当たるシビックセンターでの開催となる今回のイベントで登場されると目されているのが、新型iPhoneだ。

2014年のiPhone発表イベントは、アップルが本社を置くシリコンバレーの都市クパティーノ市内で行われた。会場となったフリントセンターの目の前には、iPhone 6の箱を並べたような真っ白で四角い建造物が建てられ、iPhone 6、iPhone 6 Plus、そして同時に発表されたApple Watch、Apple Payの展示とデモが行われた。

今年も、アップルは本社キャンパス内のホールよりも収容人数が多い場所を選んでおり、米国外のメディア、特に中国から精力的にプレスを招待するものとみられている。

アップルは毎年、9月第2週前後に新型iPhoneを発表し、9月中に発売するスケジュールで展開してきた。そのことからも、iPhoneを発表するイベントであることは間違いないだろう。

今回アップルが発表するであろうiPhoneは、これまでのルールを守るのであれば、昨年のモデルのマイナーチェンジに当たる年だ。おそらく端末デザインは現在のiPhone 6・iPhone 6 Plusと同じとなり、「iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」というネーミングが与えられることになるだろう。

次ページセカンドモデルにも革新を埋め込むはず
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • 精神医療を問う
  • 今見るべきネット配信番組
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT