「新iPhone」は、現行モデルと何が変わるのか

感圧タッチが目玉機能になる可能性

アップルから届いた招待状。Siriにこの言葉を投げ掛けてみると?

アップルから、プレスイベントの招待状が届いた。キャッチフレーズには「Hey Siri, give us a hint.」と書かれていた。「Hey Siri」はiPhoneの充電中やApple Watchで、アップルの音声アシスタントのSiriを起動するための言葉だ。ちなみに、実際にSiriに上記の質問をしてみると、9月9日に大きな発表がある、と教えてくれる。

サンフランシスコのシビックセンターで開催

米国西海岸夏時間9月9日10時から、サンフランシスコの官庁街に当たるシビックセンターでの開催となる今回のイベントで登場されると目されているのが、新型iPhoneだ。

2014年のiPhone発表イベントは、アップルが本社を置くシリコンバレーの都市クパティーノ市内で行われた。会場となったフリントセンターの目の前には、iPhone 6の箱を並べたような真っ白で四角い建造物が建てられ、iPhone 6、iPhone 6 Plus、そして同時に発表されたApple Watch、Apple Payの展示とデモが行われた。

今年も、アップルは本社キャンパス内のホールよりも収容人数が多い場所を選んでおり、米国外のメディア、特に中国から精力的にプレスを招待するものとみられている。

アップルは毎年、9月第2週前後に新型iPhoneを発表し、9月中に発売するスケジュールで展開してきた。そのことからも、iPhoneを発表するイベントであることは間違いないだろう。

今回アップルが発表するであろうiPhoneは、これまでのルールを守るのであれば、昨年のモデルのマイナーチェンジに当たる年だ。おそらく端末デザインは現在のiPhone 6・iPhone 6 Plusと同じとなり、「iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」というネーミングが与えられることになるだろう。

次ページセカンドモデルにも革新を埋め込むはず
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。