「新iPhone」、9月9日のイベントで発表の公算

限られた記者に招待状を送付、ヒントはSiri

 8月27日、アップルは9月9日開催のイベントに記者らを招待した。写真はモスクワの同社店舗で7月撮影(2015年 ロイター/Maxim Shemetov)

[サンフランシスコ 27日 ロイター] - 米アップル<AAPL.O>は27日、9月9日にサンフランシスコで開催のイベントに記者らを招待した。新型「iPhone(アイフォーン)」のほか、テレビに接続して動画などを再生する機器「アップルTV」の次世代版も公表される可能性がある。

電子メールの招待状には、カラフルなアップルのロゴマークと、「音声操作機能『Siri(シリ)』よ、何かヒントを頂だい」との文言があった。

今回は「アイフォーン6S」と「アイフォーン6プラスS」が発表されることが広く予想されている。新機種には、軽くたたく動作としっかりと押す動きを区別するフォースタッチ(感圧タッチ)技術が搭載されるともみられている。

市場関係者の1人は、処理速度の速いプロセッサー搭載のアイフォーン発表も予想。新型「iPad(アイパッド)」が同時発表される可能性も指摘する。

イベントは、西海岸夏時間午前10時から開かれる。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT