「新iPhone」、9月9日のイベントで発表の公算

限られた記者に招待状を送付、ヒントはSiri

 8月27日、アップルは9月9日開催のイベントに記者らを招待した。写真はモスクワの同社店舗で7月撮影(2015年 ロイター/Maxim Shemetov)

[サンフランシスコ 27日 ロイター] - 米アップル<AAPL.O>は27日、9月9日にサンフランシスコで開催のイベントに記者らを招待した。新型「iPhone(アイフォーン)」のほか、テレビに接続して動画などを再生する機器「アップルTV」の次世代版も公表される可能性がある。

電子メールの招待状には、カラフルなアップルのロゴマークと、「音声操作機能『Siri(シリ)』よ、何かヒントを頂だい」との文言があった。

今回は「アイフォーン6S」と「アイフォーン6プラスS」が発表されることが広く予想されている。新機種には、軽くたたく動作としっかりと押す動きを区別するフォースタッチ(感圧タッチ)技術が搭載されるともみられている。

市場関係者の1人は、処理速度の速いプロセッサー搭載のアイフォーン発表も予想。新型「iPad(アイパッド)」が同時発表される可能性も指摘する。

イベントは、西海岸夏時間午前10時から開かれる。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。