iPhoneはもう不要?あの最新機がすごい!

アップルの「お買い得ガジェット」に異変

こんなパッケージングで手元に届く

アップルは同社の音楽プレイヤーであるiPodシリーズを刷新した。今回は2007年の登場から第6世代目を数えるiPod touchを採り上げる

すでにiPhoneを使っているユーザーにとってはさほど魅力を感じないかもしれないこの製品。その理由はiPhoneから通信機能を取り除いた製品、というイメージが存在するからだろう。

しかし、電話とモバイルネット端末を分けたい人、あるいはケータイの契約が不要だというユーザー、子ども向けのデバイスとして、iPhoneと同等の性能と質感を楽しむ事ができる、特筆すべき進化を遂げた。

またiPhoneユーザーでも、ストレージとバッテリー消費の関係から音楽プレイヤーやゲームマシンを分けたい場合、このデバイスは魅力的だ。それでは早速、製品を見ていこう。

3年分の「進化」

3年ぶりの刷新となるiPod touchは、先代と同様の4インチRetinaディスプレーと薄型のボディに変更はないが、プロセッサー、カメラの大幅な強化がもたらされた。

特にプロセッサの進化は特筆すべきものだ。これまで、モデルチェンジのタイミングがなかったこともあるが、iPod touchのプロセッサーは常にiPhoneのそれよりも劣っていた。しかしは、最新のiPod touchでは、iPhone 6と同じA8に強化され、iPhoneでいえば4世代分の強化となる。

同じ4インチサイズで併売されているiPhone 5cやiPhone 5sよりも高い性能を発揮することを意味しており、iPhone 6よりも画面が小さいことから、複雑なグラフィックスを用いるゲームでも快適に動作させることができる。

次ページカメラも強化
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。