iPhone6、触って使って「超絶ガッカリ」 <動画>いよいよアップルの成功哲学が崩壊か

✎ 1〜 ✎ 20 ✎ 21 ✎ 22 ✎ 最新
拡大
縮小
夏野氏は「誰も言っていないと思いますが、iPhone6には本当にガッカリ」と肩を落とした(写真:尾形文繁)

すでにiPhone6、iPhone6 Plusを手に入れ、ひととおり操作してみたという人も少なくないだろう。

使ってみた人は、今回の新生iPhoneにどのような感想を持たれただろうか。夏野剛氏は「ガックリ。いよいよアップルの成功哲学が崩壊し始めたのではないか」と切り捨てる。

夏野氏が指摘するのは、iPhone6やiPhone6 Plusには、これまでアップルがこだわってきた「2つの美学」がまったく感じられないということだ。

「いかにも既存勢力に迎合した感じ」

この記事は週刊『夏野総研』とのコラボレーションでお届けします

アップルに特徴的な美学の一つは、「徹底的にユーザーサイドに立ち、ユーザーにとって便利なものをきちんと提供しようというもの」(夏野氏)。そのためにはあらゆる困難をくぐり抜け、時には既存勢力に抗うような形でサービスを作らなければならない。夏野氏いわく、その好例がiTunesだ。

しかし、「今回のApple Payは、いかにも既存のクレジットカード会社に迎合した感じ」(夏野氏)。確かにApple Payを利用すればプラスチックカードを持ち歩く必要がなくなるが、カード利用者の信用承認過程などはそのまま残る。夏野氏は、「これではあまりに(新しく加わる)メリットが小さい」と力説する。

そしてもう一つのアップルの美学が、「端末からサービスまで連携された、一つの完成形を提供しようというもの」(夏野氏)。しかしこの点も、夏野氏に言わせれば今回のiPhone6シリーズには感じられないという。

次ページ他社をベンチマークにした感がありあり
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT