iPhone6、触って使って「超絶ガッカリ」

<動画>いよいよアップルの成功哲学が崩壊か

夏野氏は「誰も言っていないと思いますが、iPhone6には本当にガッカリ」と肩を落とした(写真:尾形文繁)

すでにiPhone6、iPhone6 Plusを手に入れ、ひととおり操作してみたという人も少なくないだろう。

使ってみた人は、今回の新生iPhoneにどのような感想を持たれただろうか。夏野剛氏は「ガックリ。いよいよアップルの成功哲学が崩壊し始めたのではないか」と切り捨てる。

夏野氏が指摘するのは、iPhone6やiPhone6 Plusには、これまでアップルがこだわってきた「2つの美学」がまったく感じられないということだ。

「いかにも既存勢力に迎合した感じ」

この記事は週刊『夏野総研』とのコラボレーションでお届けします

アップルに特徴的な美学の一つは、「徹底的にユーザーサイドに立ち、ユーザーにとって便利なものをきちんと提供しようというもの」(夏野氏)。そのためにはあらゆる困難をくぐり抜け、時には既存勢力に抗うような形でサービスを作らなければならない。夏野氏いわく、その好例がiTunesだ。

しかし、「今回のApple Payは、いかにも既存のクレジットカード会社に迎合した感じ」(夏野氏)。確かにApple Payを利用すればプラスチックカードを持ち歩く必要がなくなるが、カード利用者の信用承認過程などはそのまま残る。夏野氏は、「これではあまりに(新しく加わる)メリットが小さい」と力説する。

そしてもう一つのアップルの美学が、「端末からサービスまで連携された、一つの完成形を提供しようというもの」(夏野氏)。しかしこの点も、夏野氏に言わせれば今回のiPhone6シリーズには感じられないという。

次ページ他社をベンチマークにした感がありあり
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT