iPhone6、「SIMフリー版」が人気なワケ

契約先を替える予定がない人もSIMフリー

表参道でのハイタッチ!

9月19日に、アップルの新型スマートフォンiPhone 6、iPhone 6 Plusが発売となった。午前8時より、アップルストア各店舗や家電量販店、携帯電話会社のショップで一斉に発売となった。筆者は午前6時より、アップルストア表参道を取材した。

米国・カリフォルニア州クパティーノ市で9月9日発表された2014年版のiPhone 6、iPhone 6 Plusは、2年ぶりとなるフルモデルチェンジが施されたスマートフォンだ。これまで4インチだったディスプレイを4.7インチ、5.5インチに拡大され、Androidスマートフォンの優位性の1つを崩すことに成功したデバイスだ。

米国や日本でも、画面の大きなスマートフォンを利用したいユーザーは、選択肢としてAndroidデバイスを選ぶしかなかった。そうしたユーザーがiPhoneのエコシステムに流れ込んでくることが予測され、非常に大きなインパクトが起こる可能性がある。 既にその兆候は出始めている。予約を開始から24時間で世界で400万台の予約を受け付けた。また米国では、5.5インチのiPhone 6 Plusは、1カ月待ちが予測されるほどの人気だ。アップルは9月末締めの決算を迎えることになるが、10月に発表されるこの数字に注目しておきたい。

一週間前から行列

アップルストア表参道は表参道と青山通りの交差点から、神宮前方向に1ブロック進んだところにある。行列はここが起点となっており、先頭は1週間前から行列が始まっていた。

アップルストア表参道は2014年6月にオープンした日本国内では最新の直営店であり、最大の店舗面積を誇る。これまでの銀座を旗艦店としていたが、今後は旗艦店という扱いをせず、地域に合わせた展開をしていくという。今回、当日販売分のiPhoneは、表参道店により多く集められたという情報が事前に流れ、行列も長く伸びた。

次ページ長く続いた行列
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。