2種類のiPhone6、どっちが「買い」か?

ハンズオンで実際に触ってみて分かったこと

iPhone 6とiPhone 6 Plusについて紹介するアップルのワールドワードプロダクト担当上級副社長、フィル・シラー氏

アップルが米国で9月9日に開催したメディアイベントで、新型iPhoneを2機種リリースした。4.7インチのRetina HDディスプレイと6.9mmの薄さを誇るiPhone 6と、5.5インチにまで拡大されたRetina HDディスプレイのiPhone 6 Plusだ。ハンズオンでこの2機種を比較したので、ご紹介したい。

iPhone 6とiPhone 6 Plusの共通点

アップルが2014年にリリースしたiPhone 6とiPhone 6 Plusは、基本的に同じ仕様のスマートフォンだ。

高速化された第2世代64ビットプロセッサのA8と、相対高度変化や距離を計測できる機能が追加されたモーションコプロセッサM8を内蔵し、処理性能とバッテリーライフを両立した。

スマートフォンの主要機能であるカメラは、画素数こそ800万画素で変わらないが、センサーは新しいモノが採用された。高速なオートフォーカスを実現するFocus Pixelsを内蔵したiSightカメラ、F2.2でより明るく連写やHDR機能が向上した内側のFaceTimeカメラを搭載し、ビデオ撮影では毎秒60フレームのフルHDビデオや、毎秒240フレームのスーパースロービデオ撮影が可能となった。

次ページ端末の上部にNFCを搭載
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT