2種類のiPhone6、どっちが「買い」か?

ハンズオンで実際に触ってみて分かったこと

iPhone 6とiPhone 6 Plusについて紹介するアップルのワールドワードプロダクト担当上級副社長、フィル・シラー氏

アップルが米国で9月9日に開催したメディアイベントで、新型iPhoneを2機種リリースした。4.7インチのRetina HDディスプレイと6.9mmの薄さを誇るiPhone 6と、5.5インチにまで拡大されたRetina HDディスプレイのiPhone 6 Plusだ。ハンズオンでこの2機種を比較したので、ご紹介したい。

iPhone 6とiPhone 6 Plusの共通点

アップルが2014年にリリースしたiPhone 6とiPhone 6 Plusは、基本的に同じ仕様のスマートフォンだ。

高速化された第2世代64ビットプロセッサのA8と、相対高度変化や距離を計測できる機能が追加されたモーションコプロセッサM8を内蔵し、処理性能とバッテリーライフを両立した。

スマートフォンの主要機能であるカメラは、画素数こそ800万画素で変わらないが、センサーは新しいモノが採用された。高速なオートフォーカスを実現するFocus Pixelsを内蔵したiSightカメラ、F2.2でより明るく連写やHDR機能が向上した内側のFaceTimeカメラを搭載し、ビデオ撮影では毎秒60フレームのフルHDビデオや、毎秒240フレームのスーパースロービデオ撮影が可能となった。

次ページ端末の上部にNFCを搭載
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。