2種類のiPhone6、どっちが「買い」か?

ハンズオンで実際に触ってみて分かったこと

iPhone 6とiPhone 6 Plusについて紹介するアップルのワールドワードプロダクト担当上級副社長、フィル・シラー氏

アップルが米国で9月9日に開催したメディアイベントで、新型iPhoneを2機種リリースした。4.7インチのRetina HDディスプレイと6.9mmの薄さを誇るiPhone 6と、5.5インチにまで拡大されたRetina HDディスプレイのiPhone 6 Plusだ。ハンズオンでこの2機種を比較したので、ご紹介したい。

iPhone 6とiPhone 6 Plusの共通点

アップルが2014年にリリースしたiPhone 6とiPhone 6 Plusは、基本的に同じ仕様のスマートフォンだ。

高速化された第2世代64ビットプロセッサのA8と、相対高度変化や距離を計測できる機能が追加されたモーションコプロセッサM8を内蔵し、処理性能とバッテリーライフを両立した。

スマートフォンの主要機能であるカメラは、画素数こそ800万画素で変わらないが、センサーは新しいモノが採用された。高速なオートフォーカスを実現するFocus Pixelsを内蔵したiSightカメラ、F2.2でより明るく連写やHDR機能が向上した内側のFaceTimeカメラを搭載し、ビデオ撮影では毎秒60フレームのフルHDビデオや、毎秒240フレームのスーパースロービデオ撮影が可能となった。

次ページ端末の上部にNFCを搭載
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • 中学受験のリアル
  • はじまりの食卓
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
誤算に次ぐ誤算のブレグジット<br>日系企業への影響は?

英国議会はメイ首相とEUが合意した離脱協定案を否決。今後、離脱の延期をEUに求めるが、延期が実現しても問題はその後。離脱撤回からソフトブレグジットまで、いずれの道も長い困難が続く。対応を急ぐ日系大手企業への影響もまとめた。