2種類のiPhone6、どっちが「買い」か?

ハンズオンで実際に触ってみて分かったこと

iPhone 6とiPhone 6 Plus。画面が大きい後者にはランドスケープモードがある

メッセージは、iPhone 6でも横長の画面でメッセージのリストを表示できるが、iPhone 6 Plusでは、メッセージのリストと選択したスレッドのメッセージ本文まで、1つの画面で表示できる。

同じ要領で、メール、メモなど、アップル純正のアプリを中心に、リストと内容を1つの画面に表示することができる。今後サードパーティーのアプリも対応してくるだろう。

ソフトキーボードには課題も

そしてキーボードだ。iPhone 6 Plusでは、画面が広いためキー1つずつも大きいが、空いているスペースではワンタッチでコピーやペーストができたり、カーソル移動に対応する機能が用意された。ちなみに、現段階で、iPhone 6 Plusの日本語テンキーではフリックがしにくく、実質的にできないと思った方が良さそうだ。また、一部のAndroidデバイスのように、テンキーを左右に寄せて利用することもできなかった。

iOS 8からはサードパーティー製の日本語入力キーボードも利用できるため、今後登場するキーボードにも期待したい。

次ページ手ぶれ補正が充実しているのは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • コロナ後を生き抜く
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT