2種類のiPhone6、どっちが「買い」か?

ハンズオンで実際に触ってみて分かったこと

また、端末の上部にNFCが搭載され、Touch IDと組み合わせた決済サービスApple Payが利用可能だ。その他、最大150MbpsのLTE Advancedや802.11ac対応など、通信の高速化が図られ、VoLTE、Wi-Fi Callなどの音声通話機能にも変更が加わり、高音質化が図られることになる。

さらに、同日に発表した決済サービス「Apple Pay」に対応するNFC(近接通信)を搭載しており、iPhone 5s以降搭載しているTouch IDと組み合わせて、リアル店舗やオンラインショッピングでの決済に利用する。

iPhone 6とiPhone 6 Plusの相違点はディスプレイ

iPhone 6とiPhone 6 Plusのスペースグレーモデル。ホーム画面のアイコンの感覚の広さが分かる

中身の基本的な構成は共通化されている2つのスマートフォンだが、その違いは画面の大きさに起因するものだ。

 まずディスプレイは、4.7インチのiPhone 6が1334×750ピクセルで画素の細かさは334ppi。これに対し5.5インチのiPhone 6 Plusは1920×1080ピクセルとフルHDの解像度を実現し、4.7インチよりも細かい401ppiとなっている。いずれのディスプレイも、表面のガラスからバックライトまで非常に薄型化が図れており、iPhone 5sと比較してもその鮮やかさは驚かされるほどだ。ちょうど、艶のあるステッカーに印刷されたカラーの画像を見ているような感覚だ。

画面サイズの違いから起因する両モデルの違いは、厚みとバッテリー持続時間に出てくる。

4.7インチのiPhone 6は、6.9mmと、7mmを切る薄さを実現した。厚さ7.6mmのiPhone 5sよりも横幅は大きくなるが、この薄さと新しいデザインである丸みを帯びたエッジのおかげで、むしろiPhone 5sよりも握りやすかった。一方iPhone 6 Plusも、iPhone 5sより薄い7.1mmを実現している。

次ページバッテリー容量が大幅に拡大
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 見過ごされる若者の貧困
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT