携帯3社のiPhone6、どれが「買い」なのか

LTEエリア、VoLTE対応などを検証

多くのバンドに対応しているiPhone 6とiPhone 6 Plus(写真:三井公一/アフロ)

アップルの最新スマートフォン「iPhone 6」シリーズは、高速通信規格LTEへの対応周波数が広がり幅広い通信環境へと対応が可能となっていた。これを受けて日本の通信キャリアの持つ周波数への対応も広がり、また海外ローミング時の接続性の面でも優位になってきている。

日本に投入されるモデル(A1586,およびA1524)は、どちらも20種類ものLTEバンドに対応。他の通信方式もあわせ、世界中の周波数にほとんど対応しており、海外ローミング時にも各地で提供されているサービスを最大限に活用可能となる。

「お得」を測るさまざまな尺度

アップル銀座店の前では、早くも行列ができている。自作のモックアップを持つ女性も(写真:ロイター/アフロ)

一方、対応LTEバンドが広がったことで「どのキャリアがiPhoneの対応バンドに一番マッチしているか」といった、iPhone 5時代にあったジレンマがなくなる。日本の主要な携帯電話キャリアが全社iPhone 6シリーズの拡販に力を入れる現在、”どこから買うのが一番お得か?”といった短期的な視点での購買比較が多いが、発売直後に殺到するアーリーアダプターの購入時期が一旦過ぎ去れば、キャリア各社が提供するサービスの質そのもので選ぶようになるはずだ。

次ページLTEのエリアで有利なのは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT