iPhone6発売、米国での盛り上がりは?

<動画>アップルの本拠地でも大人気

パロアルトの店に登場したティム・クックCEO(撮影:田邉佳介)

新型iPhone6とiPhone6 Plusが金曜日に発売されると、購入を希望する多数の熱狂的なアップルファンで、長い列ができた。

iPhone6とiPhone6 Plusの発売が開始すると、ニューヨーク市の5番街では歓声が上がり、ハイタッチが見られた。

アンドレアス・ギブソンさんは、新型のiPhone6 Plusをネットで事前予約し、一番に手に入れようと、午前3時に並んだ。「Apple Payに一番期待しています。財布を出さなくても支払いができるようになります」(ギブソンさん)

他の人も同様に興奮している。ケヴィン・フィッツパトリックさんは「記憶容量が増量したこと、NFC搭載が気になります。グラフィックを考えても、より見やすくなっているのだと思います」。

デズリー・ジェモットさんは「女性なので、軽くなったところが気に入っています。機能的には、Apple Payがいいですね。たくさんのカードを持ち歩かずに済みます」と語りました。興奮した購入希望者らの列は、5番街のアッブルストアから、10ブロック以上伸びた。過去に、注文が殺到したために入荷待ちになったことを思い起こす風景だ。

次ページAndroidとの差は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
かんぽ まさかの10月営業再開<br>日本郵政グループの不適切判断

日本郵便本社が発した「10月からかんぽ営業を段階的に再開」との緊急指示に、現場は大混乱。乗り換え勧奨禁止などの再発防止策、7月末に実施を発表した全件調査、特定事案調査にも大きな問題を残したままだ。拙速な営業再開の裏には何が。