Apple Pay登場で買い物はどう変わる?

ユーザー体験を軸に作ったサービスの実力は

アップルはiPhone 6を登場させた後、「全く新しいカテゴリのサービス」として、Apple Payを投入した。アップルのティム・クックCEOは、これまでのデジタルウォレットについて、「サービス事業者のビジネスモデルを中心に考えたことが敗因」としたうえで、ユーザー体験からサービスを作るアップルの得意のパターンでデザインしたことを添えた。

決済端末でのApple Pay支払いデモ。端末をNFCリーダーにかざして、Touch IDで指紋認証を行うと、支払いを完了する

Apple Payは、ユーザーが既に持っているクレジットカードをiPhone 6のカメラで撮影し、指紋認証を行えばすぐに利用できるようになる。決済はNFCリーダーに対応したレジか、Apple Payに対応したオンライン取引で利用できる。決済をする際には、カード番号やセキュリティコード、名前などを店員に知られることなくプライバシーを守ることができる。

iPhoneだけで買い物できる世界が来る?

またApple Pay専用の番号とワンタイムセキュリティコードを使って決済を行うため、もしiPhoneをなくしても、元のクレジットカードを止める必要はない。つまり簡単かつ安全に決済を行うことができる、ということだ。

クレジットカードは複数枚登録することができ、決済に使うカードを選ぶことができる

アップルは、こうした決済にかかわる個人データについて、関与しないとしている。つまり誰が、どこで、何を、いくらで購入したかという情報は、小売業者とカード会社以外に触れることはない。プライバシー性を確保するという点も強調した。

NFCリーダーは、筆者が住んでいるカリフォルニア州バークレー周辺では、アップルのプレゼンテーションでも紹介されていたドラッグストア、ウォルグリーンに設置されているほか、バークレー発祥でスターバックスの前身となったコーヒーチェーンPeet's Coffee and Teaにも導入されている。後者には、Google Walletのアイコンが付けられている。昨日バークレー市内のスーパーWhole Foods Marketで買い物をした際には、まだNFCリーダー対応のレジには入れ替わっていなかった。

次ページプリペイドサービスとは一線を画す
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • 30歳とお金のリアル
  • はじまりの食卓
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スタバvs.コメダ<br>知られざるコーヒー頂上決戦

米国シアトル発でスタイリッシュなスターバックスコーヒーと、名古屋発で庶民的なコメダ珈琲店。多様化する国内カフェ市場では「振り切った戦略」でないと生き残れない。対照的な両チェーンの戦略の違いを検証する。