「Apple Pay」「おサイフケータイ」、何が違う?

アップルが今回、あえて捨てたものとは

Apple Payを発表するティム・クックCEO

新製品発表でハードに話題が集中するのは当然だ。今回のアップルの発表でも、注目は「Apple Watch」や「iPhone 6」である。

しかし、それらに横串を刺すのが、同時に発表された決済サービス「Apple Pay」だ。NFCを使った、いわゆる「タッチでの決済」だが、日本でのおサイフケータイや既存のNFCを使った決済とは、大きく異なる部分が多い。それどころか、ネット決済ビジネスの常識を大きく逸脱した方針の、とてもユニークなものである。

キーワードは「簡単」「安心」

NFCはいわゆる「非接触通信」の国際標準規格である。日本・海外を含め、現在は多くのスマートフォンに搭載されている。店頭などでの決済情報のやりとりの他、スマートフォン同士での情報交換、Bluetooth搭載周辺機器をスマートフォンに接続する際の設定を簡便化するなど、非常に広い用途が想定されている。要は、「機器をタッチし、その瞬間に情報をやりとりすることで出来ること」を広くカバーしようとしたものである。

だが国際的に見ると、決済向けの用途はなかなか広がっていない。日本では「Suica」などの交通決済向けに「FeliCa」という技術が普及している。NFC・FeliCa共用モジュール搭載のスマホも広く使われていて、「タッチ決済」先進国といえる。

Apple PayはNFCを利用しているものの、他の決済方式とも、FeliCaとも異なる。

「決済を考える人々はビジネスモデルを組み立てるところにフォーカスする。しかし我々はユーザー体験にフォーカスした」。アップルのティム・クックCEOは、Apple Payの狙いをそう語った。

次ページ決済プロセスはどうなっている?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • トクを積む習慣
  • iPhoneの裏技
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。