iPhone6発売、米国での盛り上がりは?

<動画>アップルの本拠地でも大人気

マッシャブル編集長のランス・ウラノフ氏は、サムズン電子などのライバルとは違う点は、同スマートフォンの中にある、と言う。「アップルが今回成し遂げたことは、極めて薄く、実に美しいデバイスを作った点だと思います。しかし、アップルのスマートフォンが進化すればするほど、ライバルのスマートフォンも進化します。見た目も動作もますます同じになっていきます。ですから、アップルが、もっとも力を入れて変更した点は、中にあるソフトウェアです。この部分は、依然として、AndroidとiPhoneのiOSで、大きく異なっています」(ウラノフ氏)。

前機種の2倍を超えるペース

予約開始から24時間で、400万台を超す事前予約申し込みがあった。前機種の2倍を上回る。iPhoneは、アップルの売り上げの半分以上を生み出している主力製品だ。

モーニングスターのブライアン・コレリョ氏 は次のように分析する。「アップルの製品は、Apple Payにしても、新製品のApple watchにしても、すべてがiPhoneと密接に結び付いています。iPhoneは最も普及している製品です。台数が一番出ています。利益を一番上げています。アップルが販売している製品の中で、最も高価な製品の一つであり、売り上げ面からも、成功を占う面からも、iPhoneがすべてと言ってもいいのです」。

ナレーションは英語です(音量にご注意ください)
人気記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
市場縮小が止まらない<br>生き残りへもがく製紙業界

紙の国内市場は8年連続のマイナスが必至。ペーパーレス化、原料高で苦境に。三菱製紙は最大手・王子ホールディングスの傘下へ。国内はさながら撤退戦。活路は海外市場か?