任天堂さん、そろそろスマホゲームを! <動画>ポケモンのiPad解禁じゃ物足りない

印刷
A
A
スマホはおろか、ガラケーにも露出してこなかった任天堂の「ポケモン」。今後は変わってくるのでしょうか(写真;ロイター/アフロ)。

任天堂がiPadに「ポケモンカードゲーム」のアプリを出す――。このニュースへの業界関係者の反応がただの「新アプリ発表」程度にとどまらなかったのは、スマートフォン(スマホ)やタブレット端末などを“天敵”ととらえる任天堂のスタンスが、大きく変わったように見えたからだ。

Wiiや3DSといった自社ゲーム機の競合となり得る“端末”への任天堂の警戒心は、スマホの普及に伴って生まれたものではない。「実は(任天堂は)15年も前から、携帯そのものに対しものすごく危機感を持っていて、岩田(聡)社長も『携帯に任天堂のライツは絶対に出さない』と明言されていた」(夏野氏)。

本当に「禁断のプレー」?

この記事は週刊『夏野総研』とのコラボレーションでお届けします

しかし、世は空前のスマホ時代。ガンホーなどほかのソフトメーカーがスマホ向けゲームで一世を風靡する中、任天堂の業績は冴えない。2011年度から3期連続の営業赤字を計上、株価も低迷している状況だ。

6月末に行われた株主総会でも、スマホ関連の質問が多く寄せられた。ある株主からの「子どもたちはスマホで無料ゲームを遊んでいる。任天堂はどの程度研究していて向き合っているのか」という質問には、「現在、スマートデバイス向けアプリを開発中」(取締役の高橋伸也氏)とする一方、「(スマホなどの端末に)恐怖を感じているが、それが(ゲームの未来の)すべてになってしまうとは考えていない」(宮本茂専務)と、自社のスタンスへの理解も求めていた。

そんな中で浮上したポケモンのiPadアプリ解禁。一部では「禁断のプレー」とも報道されたが、夏野氏は「そんなに毛嫌いしなくても、やりようはいろいろあるのではないか」と語る。

次ページ夏野氏の期待は「iPadでポケモン」のさらに先
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT