iPhone6s、「ローズゴールド」が"買い"なワケ

Apple Watch Sportと完璧コーデが可能に

Apple Watch Sport、42mmのローズゴールドモデル。「watchOS 2」との組み合わせにより、ファッション面、機能面から、さらに競争力を高めることになりそうだ

アップルは2015年9月9日に開催したスペシャルイベントで、iPhone、iPad Pro、Apple TVとともに、Apple Watchの新作を発表したが、その詳細をみていこう。

スマートウォッチ市場に最も大きなインパクトを与えるのが、価格の最も安いApple Watch Sportに新色が登場したことだろう。早速、このローズゴールドモデルをレビューすることができたので、市場へのインパクトを含め、本記事で詳しく触れる。

「エルメス」とコラボレーション

 

本題に入る前に、高級ブランド「エルメス」とコラボレーションしたモデルが登場したことに触れておきたい。刻印や文字盤を専用カスタマイズしたステンレススチールのApple Watchに、エルメスらしいレザーバンド3種類を組み合わせている。

 

本体にはエルメスの刻印が施され、エルメスモデル専用デザインの文字盤が採用されている。価格も13万8000円(税別)からと、エルメスの時計としてとらえても値頃感がある。

とくに、エルメスのバッグを持っている女性は、4色が揃えてある手首を2周するドゥブルトゥールがおすすめだ。バーキンなどで人気のあるエタン(グレージュ)やブルージーンもラインアップされており、バッグとのさりげないマッチングが楽しめるだろう。

日本での販売は、銀座と御堂筋のエルメスブティック、銀座・表参道・心斎橋のアップルストアの、2都市5店舗のみ。米国でもニューヨーク、ロサンゼルス、マイアミ、そしてアップルお膝元のパロアルトの4都市のみでの発売となる。

 

続いて本題、Apple Watch Sportの新色だ。

次ページ新色のゴールド、ローズゴールドとは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT