世界よ、これがパナソニックの家電戦略だ

津賀社長が独IFAで語った海外攻勢の全容

津賀一宏(つが かずひろ)/1956年生まれ。79年大阪大学卒業、松下電器産業(現パナソニック)入社。86年カリフォルニア大学修士課程を修了。2004年当時最年少で役員に就任。2012年より社長
9月4~9日にドイツ・ベルリンで開かれた世界最大のコンシューマー(一般消費者)向け家電見本市「IFA」。B to Bシフトを進めるパナソニックは、去年は車載機器など非コンシューマー向けの製品も展示していた。だが、今年はコンシューマー向け一本。プレミアム感を前面に打ち出した家電の展示を行ったほか、最高価格帯の有機ELテレビ投入を発表した。
パナソニックの家電をいかに世界で売っていくのか。IFAが開催されたベルリンで津賀一宏社長に聞いた。

他社の展示内容に驚きがなくなった

――IFA会場で他社の展示を見てきた感想は?

各社とも、驚きがほとんどなくなった。逆に言うと、これまでは進化が速すぎてテクノロジー訴求が先行していたが、安定してしっかりと商品を作っていく姿勢に変わってきた。価格だけでない価値訴求ができるという意味で、正常化したといえる。

――B to B拡大の戦略自体は変わっていないのか。

まったく変わっていない。パナソニックの中核には家電がある。パナソニックというブランドやコンシューマーがワクワクする価値を訴求できるのはB to C。自動車をはじめとするB to Bのお客様も、われわれのB to Cの価値があるからこそ、事業で組みたいというところがほとんどだ。

われわれが家電で培ってきた技術、お客様への接し方がいちばん欲しがられる。コンシューマー向けがB to Bに活きるように事業を進めているし、そういう意味で今回の展示内容を思い切ってコンシューマー向けに振ったのも、B to Bにつなげていくのが狙いだ。

次ページIoTの流れにどう対応するのか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナショック、企業の針路
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。