なんと16万円!これが究極iPhoneケースだ

日本の小さな会社が高い技術で世界に挑む

超々ジュラルミンのiPhoneバンパー、SQUAIR THE DIMPLE。パッケージは正方形(スクエア)で、バンパーが中で浮いているような演出が印象的だ

SQUAIRのTHE DIMPLEは、iPhoneの本体カラーに合わせて3色用意されている。筆者は、愛用機のグレーと相性のいいブラックを選択した。

正方形の非常に立派な化粧箱を開けると、そこには金属製の精密なバンパーが浮かび上がっていた。

名前の通り、バンパーの表面にはディンプル加工が施されており、金属の表面を流線型に流れる複数のエッジが、光によって表情を変える。

驚くほど軽く、一体化するフィット感と飽きない手触り

箱から取り出してみると、金属製にもかかわらず、驚くほど軽いことがわかる。17gという重さは、金属製の中では断トツに軽く、ほかの素材のケースと比較しても、なかなかない軽さだ。

素材は日本で開発されたアルミニウム合金「超々ジュラルミンA7075」。軽くて硬い素材だ。この素材だけで、グッと価格が上がる。

軽くて丈夫であることと引き替えに、薄くて小さな金属の加工は困難だ。そこを、日本が誇る高度な金属加工技術で解決し、丈夫で軽く、かつデザイン性の高いミニマルなiPhoneバンパーを作り上げたのである。

THE DIMPLEは、iPhoneを取り囲む各辺が4つの独立したパーツになっている。iPhoneに装着すると、まるでiPhoneが元々そういうデザインであったかのように、ぴったりと継ぎ目なく吸い付く。これだけ精密にも関わらず、取り付けには工具は必要なく、手で「パチン」とはめ込むだけだった。

THE DIMPLEは4つのパーツからなるバンパーで、ねじ止めなしで着脱をすることができる

iPhone 6 Plusから、大きくデザイン上の違和感はないが、あまりにも違和感がなさ過ぎてしまい、6万円のケースを装着しているということが周りからはわかりにくいくらいだ。しかし側面には、視覚的にも触覚的にも印象的なディンプルが表情を見せる。その質感とデザインを楽しめるバンパーといえる。

THE DIMPLEを取り付けると、幅はバンパーの厚みの分だけ、わずかに大きくなるものの、ディンプルのおかげで元のiPhone 6 Plusの側面よりも滑りにくくなり、安心して片手・両手で使えるようになった。

金属製とカーボン製のケースは電波の受信強度に影響を与える素材とされているが、筆者が使っている限りにおいては、電波が弱くなったという印象は受けなかった。

次ページカメラの保護は?
関連記事
トピックボードAD
  • 経済学で読み解く現代社会のリアル
  • 家族会議のすすめ
  • 女性の美学
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
ノースフェイス快走のゴールドウイン

米国のアウトドアブランド「ザ・ノース・フェイス」が大ヒットし、ゴールドウインの業績は絶好調。26年ぶりに最高益を更新。次は自社オリジナルのブランドを確立し、海外展開に挑む。