iPhoneに最適の未来派スピーカーが新登場

巨大な部屋を音で満たすド迫力

アップル買収後の新製品第1号「Pill+」は、独立性が保たれつつアップルらしさも随所に発見できる
当連載は、スマートライフを実現するためのガジェットを紹介するコーナー。ここで紹介する商品は、筆者が実際に使用した(している)ガジェットの中から、「いいもの」だけを厳選している。当該企業から広告費などはもらっていない、中立なレビュー記事である。

 

上の画像をクリックするとアマゾンの特設サイトにジャンプします。

Beats Electoronicsは2014年にアップルによって買収され、購読型音楽サービスBeats Musicが「アップル Music」として2015年にリリースされるなど、アップルの音楽サービスのポートフォリオに重要な影響を与えた会社だ。

が、そのブランドはヘッドフォンやスピーカーなどの製品では、そのまま継続している。Beatsのオーディオ製品は、ブランド名に「by Dr. Dre」を冠しており、豊かな中低音を強調した音作りを志向してきた。プレミアムオーディオのカテゴリに属しており、製品の開発やプロモーションには独立性が保たれている。

そのBeatsが買収後に開発した新製品第1号がPill+。独立性が保たれているとはいえ、この製品からは"アップルらしさ"を随所に発見することができた。

一回のフル充電で12時間再生可能

10畳を超えるリビングルームでも音が満たせるパワフルさ。画像をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします

Pill+は、両手で握っても余る程度の長さがあるBluetoothスピーカーだ。しっかりとした重さがあり、10畳を超えるリビングルームであっても、1つのPill+で十分音が満たせるほどのパワフルさがある。

スマートフォンやストリーミングサービスがソースとなる昨今の音楽試聴のスタイルにおいては、手軽で場所を取らず、配線いらずの理想的な音楽再生環境をもたらしてくれる。音楽再生が12時間持続するため、定位置以外にも気軽に持ち出して音楽が楽しめるだろう。

次ページ組み合わせて楽しめる機能が充実
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ブックス・レビュー
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • あの日のジョブズは
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権大研究<br>行方を占う5つのポイント

歴代最長の7年8カ月に及んだ安倍政権から何が変わるのか。「自助」好き、「経産省内閣」の継承の有無、解散総選挙など5つの観点で読み解きます。エコノミスト17人へ緊急アンケートを実施、経済見通しと課題も浮き彫りに。

東洋経済education×ICT