緻密なマシンが「コーヒーの味わい」を変える

米国生まれのシンプルな抽出機の実力とは?

業務用コーヒーマシン「ブロッサム・ワン・ブルワー」

日本のカフェ業界に、またひとつ新しい旋風が巻き起こりそうだ。仕掛け役は、なんとモーターのメーカーとして40年以上の歴史を持つツカサ電工。アメリカ・サンフランシスコの企業と手を組み、今までにない発想の業務用コーヒーマシン「ブロッサム・ワン・ブルワー」(以下、ブロッサム・ワン)の製造・販売を行う。発売予定日は12月15日だ。

なぜ、まったく畑違いと言える異業種から参入することになったのか、その経緯も含めて興味深い。

明らかに感じる味の違い、その理由は?

9月10日に行われた記者会見では、まずはマシンの性能を論より証拠で示そうということで、コーヒーの試飲会から始まった。2台並んだブロッサム・ワンで、同時に淹れたコーヒーを飲み比べてみた。すると、素人の舌にも明らかな違いがあった。一方のほうが、苦み・酸味がより強く、コーヒーとしての味わいが濃く感じられたのだ。

この違いはどこから生じるのだろうか。実は、2台のマシンは、その設定温度に差があった。88.5℃と87℃、たった1.5℃の差ではあるが、温度の高いほうが、より豆の味わいを引き出し、結果的に強い味のコーヒーを抽出することができたというわけだ。

次ページ抽出時の豆の温度に着目
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 北朝鮮ニュース
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
史上最大の上場に賭ける<br>ソフトバンクの思惑

12月19日、ソフトバンクが上場する。過去最大規模の超大型上場だが、祭りの後は楽観できない。親子上場による利益相反、高い配当性向、キャッシュの流出など懸念材料は多数。同社の大胆な戦略の前提である安定した収益成長が崩れる日、事態は……。