緻密なマシンが「コーヒーの味わい」を変える

米国生まれのシンプルな抽出機の実力とは?

業務用コーヒーマシン「ブロッサム・ワン・ブルワー」

日本のカフェ業界に、またひとつ新しい旋風が巻き起こりそうだ。仕掛け役は、なんとモーターのメーカーとして40年以上の歴史を持つツカサ電工。アメリカ・サンフランシスコの企業と手を組み、今までにない発想の業務用コーヒーマシン「ブロッサム・ワン・ブルワー」(以下、ブロッサム・ワン)の製造・販売を行う。発売予定日は12月15日だ。

なぜ、まったく畑違いと言える異業種から参入することになったのか、その経緯も含めて興味深い。

明らかに感じる味の違い、その理由は?

9月10日に行われた記者会見では、まずはマシンの性能を論より証拠で示そうということで、コーヒーの試飲会から始まった。2台並んだブロッサム・ワンで、同時に淹れたコーヒーを飲み比べてみた。すると、素人の舌にも明らかな違いがあった。一方のほうが、苦み・酸味がより強く、コーヒーとしての味わいが濃く感じられたのだ。

この違いはどこから生じるのだろうか。実は、2台のマシンは、その設定温度に差があった。88.5℃と87℃、たった1.5℃の差ではあるが、温度の高いほうが、より豆の味わいを引き出し、結果的に強い味のコーヒーを抽出することができたというわけだ。

次ページ抽出時の豆の温度に着目
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • はじまりの食卓
  • 小幡績の視点
  • コロナウイルスの恐怖
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
<a href="https://bit.ly/2SmSYaR" target="_blank">新型肺炎で中国大停滞<br>アップル供給網に打撃</a>

新型コロナウイルスの拡大に伴う人の移動の制限によって、中国では企業活動の停滞が深刻です。iPhone生産にも甚大な影響が。組み立てを担う台湾・鴻海グループの鄭州工場は今……。「財新」特約のデジタル版連載「疫病都市」の続編です。