金沢市民が、価格の高いコーヒーを好むワケ

詳細な消費者データ「家計調査」のすごさ

金沢市民が高額なコーヒーを買う理由は?(写真 : cba / PIXTA)

今年5月23日に、スタバが全国で唯一進出していなかった鳥取県の県庁所在市である鳥取市に、はじめてとなる店舗をオープンしました。

このニュースを報じるなかで、鳥取市は、二人以上世帯のコーヒーの消費量が47都道府県庁所在市のなかで2位であることが紹介されていました。1位は京都市で、鳥取市民はそれにつぐコーヒー好きなのに、あるいは、家でそれだけコーヒーを飲むからこそ、これまでスタバが出店しなかったといった話が、複数の情報番組で出ていました。このデータは、総務省の『家計調査』にもとづくもので、2012年と13年の数字でみれば、たしかに、1位京都市、2位鳥取市でまちがいありません。 

金沢市民は甘いものが大好き

しかし最新の14年の数字では、2位は金沢市で、鳥取市は3位にも入っていません。また、外食のうちの喫茶店に対する支出額をみると、1位は名古屋市で、2位は岐阜市です。 

京都市民は、単にコーヒーが好きなだけではありません。牛乳の消費量も1位です。他方、紅茶の消費量で1位なのは神戸市で、神戸市民は食パン、他のパン、パン全体のすべてで消費量1位です。紅茶を飲みながらパンを食べるスタイルを好むといえます。

また、金沢市民は、コーヒーにしても、紅茶にしても、47都道府県庁所在市のなかでは、1番高い価格のものを買います。じつは、金沢市民は和菓子・洋菓子の両方で、とにかくスイーツ好きです。たとえば、和生菓子、洋生菓子、ケーキ、チョコレート、アイスクリーム・シャーベットへの支出額は、すべて金沢市が1位です。これらのスイーツの味を堪能するために、高いコーヒーと紅茶を飲み、コーヒーの消費量も増えるという行動パターンが想像できます。

次ページ都市部はエンゲル係数が高い
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 財新
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。