たっぷり貯金したいなら、香川と徳島に学べ

四国の2県になぜかお金持ちが多い理由

貯金額が多いのは、首都圏ではなく意外なあの県だった!
世の中にあふれるさまざまな統計やデータ。これを基にしていろいろなランキングが作られるワケだが、中にはなぜそうなるのかの理由が、すぐにはわからないような“世にも不思議なランキング”がある。
TBSテレビ『世にも不思議なランキングなんで?なんで?なんで?』(次回は7月20日<月>よる7時<一部地域はよる8時>放送)は、そんなランキングデータの謎を解き明かす番組だ。「なんで△△が○位にランクインしているのか?」。その裏側を探ると、驚きの事実が次々に明らかになってくる。取材班が直面した不思議なランキングの一端をご紹介しよう。

 

6~7月は多くの企業や役所で夏のボーナス(賞与、一時金)が支給されるタイミングだ。レジャー、買い物、自己啓発などに使う一方、将来に備えた預金・貯金に回している人も少なくないだろう。

そんな預貯金にまつわる、こちらのランキングをご覧いただきたい。

■1世帯当たりの「預貯金残高」が多い都道府県ランキング
1位:東京都 1758万円
2位:香川県 1622万円
3位:徳島県 1610万円

4位:富山県 1577万円
5位:奈良県 1512万円
<出典:香川県統計協会2014年、※全国平均:1232万円>

東京都は納得の1位。日本の首都であり、高級住宅街がいくつもあり、企業経営者や資産家などの富裕層が、大勢、住んでいる。下町も多いものの、上位層が全体を押し上げているのだろう。

そんな東京に続く2~3位が四国の2県。大阪府(同1339万円で11位)や愛知県(同1321万円で12位)、神奈川県(同1161万円で28位)など大都市を擁する府県が必ずしも高いという傾向はないものの、香川や徳島の人たちがこれほどまでにおカネを持っているとは、何とも意外な気がする。これにはどんな理由があるのだろうか。取材班は四国へ飛んだ。

香川と徳島で貯金額を聞いてみた

まずは2位の香川県へ。中心市街地にある銀行の前で、突撃取材を敢行した。無茶を承知で「あなたの預貯金額、教えてもらえませんか?」と聞き回ること3時間。最初は断られ続けたが、徐々に答えてくれる人に遭遇した。すると、「5000万円」「6000万円」など、数千万円級の預貯金を持っていると答える人がゴロゴロいた。

続いて、3位の徳島県。こちらも5000万円前後の預貯金を持っている人とたくさん遭遇。あるタクシー運転手さんは、預金通帳を7~8冊持ち歩いていて、そのどれもに数百万円が入っていた。つまり、預貯金額は数千万円規模。お金持ちが多いことが実感できた。

次ページ部下とも割り勘!
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。