家計を全公開!外資系コンサルの「貯金術」

貯められない人間が、7年間で劇的進化

(写真:Graphs / Imasia)
マッキンゼーやボスコンなど、外資系コンサルタントの手法を仕事に活かす本がベストセラーになっています。そのスキルは仕事だけではなく、日常生活にも活用できます。
この連載では、コンサル手法を活用して7年間で7000万円の貯金に成功した『外資系コンサルタントのお金の貯め方』(KADOKAWA)の著者が、自身の家計を公開して「絶対に成功する貯金メソッド」を伝授します。

実録!コンサルタントの給与と生活費

これは、筆者が外資系コンサルタントとして働いていたある月の実際の家計です。このときすでに貯金生活をはじめて数年が経過していたので、収入に対する支出は低い状態となっています。

はじめまして、浜口和也と申します。

私は経営コンサルタント職を8年ほど経験し、現在は事業会社にて働いている身です。結婚を機にコンサルティングスキルを活用した貯金生活を開始して7年が経過。詳しくはこれからお話しますが、コツコツやり続けてそれなりに成果を上げています。この連載では、その7年間で蓄積したお金の貯め方に関するノウハウをご紹介したいと思います。

次ページ高収入でも、お金が貯まらない人たち
人気記事
トピックボードAD
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 銀河を渡るを読む
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 中原圭介の未来予想図
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SONY静かなる再興<br>自動車ビジネスに本腰

「人命にかかわる事業はやらない」という不文律を破り、車載製品に本格参入するソニー。今後3年で1兆円を投資する主軸、得意の画像センサーを自動運転システムに展開する。最高益のその先を支えるカネのなる木となるか、禁断の果実か。