家計を全公開!外資系コンサルの「貯金術」

貯められない人間が、7年間で劇的進化

(写真:Graphs / Imasia)
マッキンゼーやボスコンなど、外資系コンサルタントの手法を仕事に活かす本がベストセラーになっています。そのスキルは仕事だけではなく、日常生活にも活用できます。
この連載では、コンサル手法を活用して7年間で7000万円の貯金に成功した『外資系コンサルタントのお金の貯め方』(KADOKAWA)の著者が、自身の家計を公開して「絶対に成功する貯金メソッド」を伝授します。

実録!コンサルタントの給与と生活費

これは、筆者が外資系コンサルタントとして働いていたある月の実際の家計です。このときすでに貯金生活をはじめて数年が経過していたので、収入に対する支出は低い状態となっています。

はじめまして、浜口和也と申します。

私は経営コンサルタント職を8年ほど経験し、現在は事業会社にて働いている身です。結婚を機にコンサルティングスキルを活用した貯金生活を開始して7年が経過。詳しくはこれからお話しますが、コツコツやり続けてそれなりに成果を上げています。この連載では、その7年間で蓄積したお金の貯め方に関するノウハウをご紹介したいと思います。

次ページ高収入でも、お金が貯まらない人たち
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT