名古屋がみそ消費金額「全国39位」というナゾ

「つけてみそかけてみそ」とは何者か

豆麹で作られる豆味噌が特徴のハ丁みそ。色が濃く塩辛そうだが、意外に塩分は少ない。
世の中にあふれるさまざまな統計やデータ。これを基にしていろいろなランキングが作られるワケだが、中にはなぜそうなるのかの理由が、すぐにはわからないような“世にも不思議なランキング”がある。
TBSテレビ『世にも不思議なランキングなんで?なんで?なんで?』(次回は7月27日<月>よる8時放送)は、そんなランキングデータの謎を解き明かす番組だ。「なんで△△が○位にランクインしているのか?」。その裏側を探ると、驚きの事実が次々に明らかになってくる。取材班が直面した不思議なランキングの一端をご紹介しよう。

 「名古屋といえばみそ」は間違い?

名古屋の名物料理といえばなんだろうか。「みそカツ」「みそ煮込みうどん」などが思い浮かんだ人は少なくないだろう。「名古屋といえばみそ料理」。そんなイメージを覆すランキングがある。

■みその消費金額が多い都市(2人以上の世帯当たり/年間)
1位:長野市―3183円
2位:熊本市―2961円
3位:静岡市―2800円
・・
39位:名古屋市(1982円)
(ランキング出典:総務省統計局 家計調査 2012~2014年平均)

 

商店街を少し歩いただけでも、看板やのぼりにみその文字が躍る

全国平均は世帯当たり年間2310円(ランキングは県庁所在地、政令指定都市の51市が対象)。名古屋は全国平均にも達しておらず、ランキングの下位だ。「名古屋といえばみそ」という、世間一般のイメージは間違いなのか。真相を確かめるため、取材班は名古屋へ飛んだ。

試しに名古屋の町を散策。商店街を歩くと、みそののれんや看板が目立つ。名古屋名物の「味噌からあげ」のほかにも、あちらこちらにみその文字があふれ返っている。

商店街を外れて歩いていると有名な『矢場とん』を発見。矢場とんと言えばみそカツだ。豆みそから作ったみそダレは、絶品中の絶品。名古屋を代表する味とされる。

次ページおでんもクリームパスタもみそ味!
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。