日本で最も「自転車を見かけない」街の真実

あのリゾート地の知られざる姿を見た!

(写真:monjiro/PIXTA)
世の中にあふれるさまざまな統計やデータ。これを基にしていろいろなランキングが作られるワケだが、中にはなぜそうなるのかの理由が、すぐにはわからないような“世にも不思議なランキング”がある。
TBSテレビ『世にも不思議なランキング なんで?なんで?なんで?』(6月8日放送)は、そんなランキングデータの謎を解き明かす番組だ。「なんで△△が○位にランクインしているのか?」。その裏側を探ると、驚きの事実が次々に明らかになってくる。取材班が直面した不思議なランキングの一端をご紹介しよう。

 

生活の足、自転車。1人1台を保有する家も少なくないだろう。しかし、日本最南端のリゾート地では、まるで事情が違う。沖縄県にまつわる興味深いランキングをご覧いただきたい。

■都道府県別・自転車店の店舗数ランキング

1位:東京都・・1015

45位:鹿児島県・・76
46位:長崎県・・・46
47位:沖縄県・・・32

(出典:総務省 統計局 2012年経済センサス)

青い空、世界トップレベルの海。美しい景色を堪能しながら自転車で走れば、さぞかし気持ちよさそうだ。ところが、実際にはサイクリングライフを楽しんでいる人の数は、全国で最下位なのだ。これにはどんな理由があるのだろうか?取材班は沖縄へ飛んだ。

次ページなぜ、沖縄が最下位なのか?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
関西電力がはまり込んだ<br>「原発マネー」の底なし沼

社会を揺るがした関電首脳らの金品受領問題。本誌は関係者による内部告発文や関電の内部調査報告書などで、「持ちつ持たれつ」の関係に迫った。実態解明は第三者調査委員会に委ねられるが、原発推進への自傷行為となったのは間違いない。