日本で最も「自転車を見かけない」街の真実

あのリゾート地の知られざる姿を見た!

海水の塩分を含んだ潮風の影響で、自転車は半年ほどでさびだらけに。TBSテレビ『世にも不思議なランキング なんで?なんで?なんで?』。6月8日(月)放送

自転車の大敵がもうひとつ。それは道路事情。実は沖縄は坂道が多く、地元の人たちに聞くと道路に石灰岩を使っているため、非常に滑りやすく、雨が降ると自転車やバイクには乗らない人が多いそうだ。

道路事情の要因はほかにもある。それは自動車が普及しすぎていることだ。沖縄は自転車の代わりに普及している乗り物がある。軽自動車だ。こんなランキングがある。

■都道府県別保有車両に占める軽自動車の比率

1位:沖縄県(55.3%)
2位:高知県(54.0%)
3位:長崎県(54.0%)

(出典:軽自動車検査協会、2014年3月末)

 

沖縄では維持費が安く、手軽に乗れる軽自動車が人々の足になっている。その「車社会」は、ほかの都市とは、ある点で大きく違っているという。そのルーツは太平洋戦争にある。

沖縄で先行した「モータリゼーション」

日本は戦争に負け、沖縄はアメリカに一時統治された。戦後の日本は、東京をはじめとする各都市で、まずは鉄道が敷かれ、次に車の道路がつくられるという順番で街づくりが進んだ。ところが、沖縄の街づくりは当時のアメリカが推し進めていた「モータリゼーション」の影響により、まずは車用の道路がつくられ、その後、電車が普及するという逆の順番になった。そして、沖縄は完全な車社会になった。

実は、沖縄に電車が走り始めたのは今からわずか12年前の2003年。それもレールを敷く用地がなく、街の上を通るモノレールになったという事情がある。

そんな車社会なので、沖縄の人は、自転車に乗ることはおろか歩くことさえ、面倒に感じているという説もある。その証拠に、沖縄のテレビ局が作ったCMのテーマは歩行推進だ。そして、こんなデータもある。

■肥満者の割合(男性20~69歳)

1位:沖縄県(45.2%)
2位:宮崎県(44.7%)
3位:栃木県(40.5%)

(出典:厚生労働省「国民健康・栄養調査」2006〜2010年)

 

取材班はひとつの仮説を立てた。それは

「沖縄の人はそもそも自転車に乗れないのでは?」

実際に現地の人を対象に調査してみた。「30年以上乗ってはいないが絶対に乗れる!」と言い張ったご婦人。その結果は……残念なことに。今度は15年ぶりの挑戦というオジサン、その結果は……またまた残念。驚くほど多くの人が自転車に乗れないことが判明した。

暑さ、潮風、車社会――。3つの要因が複合的に重なって、「自転車に乗れない大人」が珍しくない街が生まれた。日本でも有数のリゾート地、沖縄の知られざる姿である。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 内田衛の日々是投資
  • 「合法薬物依存」の深い闇
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ビジネスマンのための<br>世界史&宗教

世界を深く知るには、歴史と宗教の知識が不可欠です。複雑化するビジネスの羅針盤を、よりすぐりの専門家が伝授します。「四大文明」という概念は否定されているなどの新常識、3大宗教の基本、世界史ベストブックスの超解説などが満載です。