無印&バルミューダのコラボ家電がスゴイ

花粉やPM2.5、ウイルスが気になる季節

今、海外でも好調の無印良品とバルミューダのコラボ家電。一体、何に使うモノ?

巷では無印良品を溺愛する人のことを「ムジラー」と呼ぶそうだが、熱狂的ファンでなくとも、何かしら無印アイテムを愛用している人は多いだろう。そんな国民的ブランドなのでヒット商品も多数あるが、今回は、わりと新顔でありながら着実にファンを増やしているという、無印の隠れた名品を紹介しよう。

それは、2014年10月に発売された「空気清浄機MJ―AP1」だ。2014年度の売り上げは、旧商品(2012年度)の36倍。特に今年に入ってからは、PM2.5など大気汚染が深刻な中国や香港でも急激に売り上げが伸び始めているそうだ。

社長がバルミューダへラブコール

この連載の過去記事はこちら

人気のワケは、ご覧のとおり無印らしいシンプルで洗練されたデザインと機能性の高さだが、この両立を実現できたのは、ある企業の協力があったからだという。この商品は、実は家電メーカー「バルミューダ」と共同開発したものなのである。バルミューダは、2011年に扇風機「Green Fan」の大ヒットで注目を集めて以来、次々と話題の商品を発表し続ける家電ベンチャーだ。最近では、昨年6月に発売したスチームトースターが絶好調。自社の販売サイトでは先行予約の時点で2万台が完売し、4月まで入荷待ちという人気ぶりだ。

良品計画の金井政明社長(当時)を始め家電担当者たちは、そんなバルミューダに早くから関心を抱いた。そして協業を打診し、2013年11月には金井社長(当時)と寺尾玄社長との会談が実現。両者はすぐに意気投合し、タッグを組むことになったのである。「OEMビジネスにはしない」という寺尾社長のこだわりもあり、デザインや生産は無印が担当し、バルミューダが技術提供する形での開発となった。

次ページ個性的な「外観」はいかにしてできたか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT