無印&バルミューダのコラボ家電がスゴイ

花粉やPM2.5、ウイルスが気になる季節

数ある家電の中でも空気清浄機を作ることにしたのは、やはり世の中のニーズが大きいからだ。昨今、花粉症の低年齢化が進んでおり、黄砂やPM2.5など大気汚染への不安も拡大している。今年もインフルエンザが大流行しているが、気密性の高いマンション暮らしが増え、ウイルス感染の心配も昔より大きい。

また、無印は中国でも140店舗展開しているが、現地へ転勤した社員がPM2.5に悩まされるなど、大気汚染の深刻な状況を目の当たりにしてきた。この空気清浄機は、こうした世界の「空気の問題」を解決したいという思いから生まれたという。

こんな外観、見たことがない!

従来見かけなかった円筒形が個性的。インテリアの邪魔にならない、スマートかつ角のない優しい印象のデザインだ

まず目を引くのは、やはりビジュアルだろう。2009年にOEMで作られた無印の旧商品を始め、空気清浄機はたいてい四角い形をしているが、これは従来の市場では見られなかった円筒形なのだ。スマートであり、かつ家電の無骨な印象を和らげるこの優しいフォルムに、一目ぼれした購入者も多いことだろう。

筆者も、電化製品独特の無機質な雰囲気が苦手だ。インテリアという視点から見ても目障りな製品が多いと常々思っている。しかし、このデザインからは、不思議とその不快感が生じない。実際に商品をお借りして自宅に置いてみたが、6畳の狭い部屋でも、従来の家電のような圧迫感や違和感がないのである。

いい意味で家電らしくないのだが、そこは開発側も強く意識している部分のようだ。「家電を作っているつもりはなく、暮らしの道具のひとつととらえています。この価値観に共感する人が買ってくださっているのでは」と、開発を担当した良品計画生活雑貨部の池内端さんは話す。主な購買層は、やはり無印ファンや、デザインにこだわる人が多いという。

しかも、幅25×奥行25×高さ49.8cmとコンパクトなのに、対応面積も30畳と広い。市場の中でも30畳対応型としては最小だという。また、市場では10kgを越える商品も多い中、約6㎏(フィルター含む)と軽量だ。空気清浄機は重くて運ぶのがおっくうというイメージがあったが、腰痛持ちの筆者でも割と楽にほかの部屋へ移動できた。

肝心の機能だが、「単機能・高性能」をうたうとおり、非常にシンプルだ。空気をキレイにするという1点に特化しており、加湿器などほかの機能はいっさいない。3段階の風量切り替えと自動の「AUTOモード」、強力な「ジェットクリーニングモード」と、運転モードも必要充分。3歳の息子もピッピッと何回かイタズラ押ししただけで操作法を理解したようである。

次ページ テーマは「単機能・高性能」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT