過去最高!「Gショック」ブーム再燃の裏側

5万円前後の「大人価格」が売れている

Gショックが今、スゴイことになっている。写真は「空の王者」の定番モデル「GPW‐1000‐1A」(撮影:尾形文繁)

カシオ計算機(以下、カシオ)の「Gショック」は、言わずと知れた定番の人気時計だ。日本中がブームに沸いた1990年代を懐かしく思い出す読者も多いのではないだろうか。

当時のブームのピークは、年間600万個を出荷した1997年だが、なんと今、Gショックは当時を越える勢いで売れている。2013年度の出荷数は650万個、2014年度は730万個と2年連続で過去最高を記録。そして今年度も800万個と3年連続更新を見込んでいるという。これはもう、ブーム再来と言っていい。

「陸・海・空」のプロも納得の本格仕様

この連載の過去記事はこちら

まず、昔と比べ興味深いのは、人気価格帯の変化だ。1983年の発売当時は約1万円、1990年代ブームの時期でも1万5000円くらいが売れ筋だったが、最近では5万円前後という“大人価格”のものが好調だという。中でも今、人気なのが、「MASTER OF G」シリーズだ。5万~10万円のアナログタイプのラインナップ強化が奏功し、2014年の年末商戦では昨年比2倍の売り上げになったという。

Gショックのウリである「タフネス」をさらに追求し、陸・海・空、それぞれの過酷な環境下でも耐えうるプロ仕様の時計をコンセプトとしている。デジタル時計においては、1990年代から潜水用防水機能がついた「FROG MAN」など「~MAN」と名付けたプロ仕様の人気モデルは既に存在していた。このアナログ版を作り、改めて「陸・空・海」という切り口でまとめて訴求し始めたのが同シリーズだという。

アナログタイプには「陸の覇者(MUD MASTER)」、「空の王者(GRAVITY MASTER)」、「海の強者(GULF MASTER)」と、3つのラインがある。新規開発にあたっては、レスキュー隊や船乗り、イギリス空軍といった現場のプロに、彼らが求めるスペックをヒアリングしたというだけあり、特殊機能がスゴイ。

次ページプロ仕様だからこそ安心して使える
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 買わない生活
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT