激売れ!無印の「海外発商品」が強いワケ

あの「直角靴下」も"探して"生まれた

好調な無印を支える「商品」はどのように開発されているのか
無印良品が海外に進出してから24年。その間、25の国や地域に進出して320店舗を出店。現在も海外事業の業績は好調に推移しています。2016年1月には、2016年2月期の通期業績予想の上方修正を発表。東アジア地域での新規出店が好調で、中国ではスキンケア用品やフレグランス用品を中心に伸びています。
こうした海外展開の成功を支えている「商品」は、どのように開発されているのでしょうか?『無印良品が、世界でも勝てる理由』(KADOKAWA)を刊行した良品計画前会長・松井忠三氏に、そのヒントについて聞きます。

「われ椎茸」がヒットした理由

無印良品の歴史を語るとき、必ず出てくるのが初期の大ヒット商品、「われ椎茸」です。当時、親会社の西友では形のしっかりした干し椎茸が売られていましたが、西友生活研究所が椎茸が家庭でどのように使われているのかを調べたところ、ほとんどがだしを作るために使われていることがわかりました。そして、だしをとるために使うのなら、形は完璧でなくてもいいのではないか、という話になったのです。

また、椎茸の産地に行ってみると、形のよい干し椎茸を選ぶには手間がかかることや、割れていたり、形が不揃いのものは商品にできないので自分たちで使うか、最悪の場合は捨てていることもわかりました。

そこで、割れたものや不揃いのものも一緒にして「われ椎茸」と名付け、値段を通常の3割ほど安くして売り出しました。パッケージには、「大きさはいろいろ、割れもありますが、風味は変わりません」と、安くなっている理由も書いたことも効果があり、大ヒットになったのです。

次ページ無印良品が磨いている力とは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。