六本木で爆売れ!福島屋「おむすび」の秘密

創業以来40年黒字、「異色スーパー」の哲学 

なぜ、毎日毎日、六本木で飛ぶように売れているのでしょうか

六本木のアークヒルズサウスタワー地下1階に、「おむすび」が飛ぶように売れる店がある。並べるそばからすぐ売り切れるので、スタッフは朝から晩までひたすら握り続けるという。オフィス街なのでランチ需要があるとはいえ、コメ離れと言われ久しい日本の大都会で、なぜおむすびが爆売れしているのだろうか。

しかも、販売しているのは、意外なことに弁当屋でもおむすび専門店でもない。とあるローカルスーパーなのである。その名も、「福島屋」。東京都羽村市に本店を構える地域密着型スーパーだ。

熱狂的ファンもつくローカルスーパー

この連載の過去記事はこちら

年商約52億円、創業以来44年以上黒字続きという実績もすばらしいが、利用者からの愛されぶりもスゴイ。実は、羽村市で暮らす筆者の友人が常連なのだが、お買い物トークになると、「福島屋はすべてのものが美味しくて、店内にいるだけでも楽しいし、ちょっと高いけどついつい買っちゃうの!」と、いつも興奮ぎみに話してくれる。中には彼女のような地元在住者に限らず、遠方から足を運ぶ熱狂的ファンもいるそうだ。

客を虜にしているのは、「安心安全」や「美味しさ」にこだわった品揃えだ。無施肥無農薬で育てた自然栽培の野菜や果物を始め、全国を歩き周り見つけた絶品や、生産者と作ったオリジナル商品など、大手スーパーでは見かけないモノがズラリと並んでいる。

福島屋六本木店。旬の青果を始め、産地直送の魚や肉も充実しており、全国から選りすぐった商品が手に入る

清潔な店内に気遣い満点の接客、独自の売り場改善法「グラフィック・ワークショップ」、「安売りしない、チラシはまかない」といった販促ポリシー―近頃は各方面からこうした経営手法も注目されており、全国から視察者が訪れ、スーパー再建や地域おこしの依頼などにも応えている。

次ページそんな六本木店で「おむすび」が爆売れする理由
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 今日も香港から
  • ドラの視点
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。