六本木で爆売れ!福島屋「おむすび」の秘密

創業以来40年黒字、「異色スーパー」の哲学 

そんな中、2014年1月に出店したのが、六本木店だ。冒頭でも述べたように、ここでは店内のキッチンで握られる「おむすび」が大人気だという。手作りであることもポイントが高いと思うが、支持されるワケは、「素材一つひとつの良さでは」と製造部門責任者・取締役の田中和彦さんは説明する。

「お惣菜は有料試食」というのが、福島屋の考えだ。どういうことかというと、全店において惣菜は、店頭で販売しているこだわりの食品や調味料を使い、店内のキッチンで調理しているのだ。おむすびも例外ではなく、選び抜かれた素材で作られている。

具材の人気ナンバーワンは?

清潔感溢れるガラス張りのオープンキッチン。寿司、惣菜、ベーカリーはその場で調理して提供。調味料は何を使っているかなどPOP表示も親切だ

まずは、コメ。福島屋は、20年以上も前から東北の生産者から直接コメを仕入れているのだが、おむすびもこの提携農家のコメを使う。おむすびに向く粘度かつ旬のコメを日々採用しているという。海苔も有明産のオリジナル商品、塩はほんのり甘味のある内蒙古の「天外天塩」だ。

ナンバーワン人気の具材は、「山漬け鮭」。塩鮭を作るには、剣山のような針で鮭の身に塩水を注入する加工法「インジェクション」が一般的らしいが、ここでは「山漬け」という伝統技法で仕込んだ塩鮭を使っているという。秋鮭に大量の塩を施し、山のように積み上げ漬け込むことから「山漬け」と呼ばれるが、途中で上下を入れ替えるなど手間も時間もかかる技法なので、今は広く流通していない。

支持されるワケは、「素材一つひとつの良さでは」と製造部門責任者・取締役の田中和彦さんは説明する

だが、その分、「一般流通の鮭と比べ水っぽさがなく、中辛口で熟成したうま味がある」と田中さんは話す。確かに、程よく締まった身の食感と塩辛さの中に広がる旨みがコメに合う。3歳の息子もこれがいちばん気に入ったらしく、夢中でペロリと一個たいらげてしまった。

 2番目に人気の具材は、「梅干し」だ。使われているのは、和歌山県産の「樹上完熟 南高梅」というオリジナルの梅。青いうちに収穫し出荷される通常の梅に比べ、これは自然落下した完熟梅なので香りが高く柔らかい。酸味も強く塩のみで漬けているので酸っぱいが、この昔ながらのシンプルな味わいがたまらない。

次ページコスパも良い!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 就職四季報プラスワン
  • インフレが日本を救う
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT