カシオ「最強スマートウォッチ」開発の内幕

強みを活かすためにアウトドアに特化した

先行する商品とまったく異なるスペックを持つこともあり、海外メディアも注目しているようだ

2012年1月、カシオ計算機・時計事業部の南俊二氏(現新規事業開発部長)に一本の電話がかかってきた。「これからはつながりの時代だ。新しい商品を作るから、力を貸してくれ」。声の主は当時の樫尾和雄社長(現会長)。それがカシオのスマートウォッチ開発のはじまりだった――。

2016年1月6日、カシオは同社初のスマートウォッチ「WSD-F10」を発表した。価格は税別7万円、3月下旬の発売だ。円形で、文字盤には液晶がついている。OS(基本ソフト)にAndroid Wearを採用している点では通常のスマートウォッチと変わらないが、他社とは一風変わった製品になっている。

超頑丈、スポーティなスマートウォッチ

スマートウォッチはスマホの付属品としての性格が強く、各社とも機能面の差は少ないが、カシオはアウトドア用途に特化した。5気圧防水で水辺でも使えるほか、米国国防省が定めるMIL規格(軍用の規格)に準拠した耐久試験をクリアした頑丈さが売りだ。

モノクロ液晶のモードは1カ月以上の連続使用が可能だ

あらかじめインストールされているアプリもアウトドア向け。登山用の地図や釣りの時に潮の満ち引きを知らせるアプリ、ランニング時に活動量を確認するアプリなどが盛り込まれた。これらは本体側面の3つのボタンで操作することができ、運動中でもスムーズな操作が可能だ。

それだけではない。「二層液晶」という特殊な構造を備えている。既存の製品は電池容量が小さい割に消費電力が高く、バッテリーが1日前後しかもたない弱点があった。そこで、カシオはモノクロ液晶を搭載し、時刻のみを表示できるようにした。この状態なら1カ月以上の連続使用が可能だ。通常モードと組み合わせることで、大幅に電池持ちを延ばすことができる。

次ページ開発は苦難の連続だった
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
介護大全<br>お金、仕組み、施設を全検証

突然、訪れる親の介護にどう向き合えばよいか。3640人へのアンケートによる経験者の声を基に、介護の悩みや不安の解消策を考える。介護保険サービス利用の全容、4つのケースで試算した介護費用、老後の住まい徹底比較など、具体例を満載。