Apple Watch超え?"グーグル時計"の魅力

腕に付いたとたんに面白くなった、ある機能

この記事は夜間飛行の小寺信良&西田宗千佳メールマガジン「金曜ランチビュッフェ」2015年6月5日 Vol.037 <本質はどこだ号>の冒頭です(写真右:Ap / アフロ)

4月下旬にApple Watchが発売され、その話を書こうと思っていたのだが、その後ドローン騒動があってそれどころではなくなってしまった。せっかく発売日に買えたのに、何もしないのでは勿体ない。

しかも比較のために、Android Wear搭載のスマートウォッチも購入してあるのだ。もう興味も一段落したところだろうが、ここで改めて両方使ってみた所見などを述べてみたいと思う。

見た目としてどっちがかっこいいか、どっちがブランディングとして上手いかという話にもなりがちだが、今回はそういう話ではなく、実際に使ってみてどうか、というところに集中したい。

できることが分かりやすいApple Watch

当記事はプレタポルテ(運営:夜間飛行)の提供記事です

Apple Watchを実際に使ってみると、利用目的がはっきりしているように思う。以前からNikeと組んでランニング時のデータを収集するなど、デジタルヘルスケアという側面では長い経験がある。アクティビティログが自動的に計測され、1時間に1回は立って歩き回れと催促してくる。

facebookの書き込みや新着Messegeも教えてくれるので、コミュニケーションのタイミングも逃さない。ただ返信は音声入力しかないので、そこまでやるかどうかは時と場合による。音声入力では済まない込み入った返答が必要なケースもあるからだ。

またアプリの存在も、目的を持って使うという点で際立っている。クックパッドアプリは、iPhone側と連動して同じレシピが表示され、そのレシピに必要な待ち時間、たとえば8分焼くなら自動で8分間のタイマー機能まで提供してくれる。このように、iPhoneの機能を拡張する子機として、能動的に使っていくことを目的として作られており、何ができるのかが非常にわかりやすい。

一方Android Wearは、人が生活する上でのアシスタントになるという方向性が感じられる。

次ページうっとうしかった機能が、化けた!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT