Apple Watch超え?"グーグル時計"の魅力

腕に付いたとたんに面白くなった、ある機能

スマホでAndroidを使っている人はご存じかと思うが、Android特有の機能にGoogle Nowがある。画面を下から上にスワイプすると表示される機能で、メールから自動抽出したスケジュールや目的地までのナビゲーション、天気といった情報が自動的に表される。

Android Wear搭載のスマートウォッチは、要するにそれの表示器になるわけだ。もちろんSNSの新着なども知らせてくれるが、Googleカレンダーとも連動しながらスケジュールを知らせてくれる機能は秀逸だ。

目的地に時間どおり着くためには、現在時点を何時何分に出ないといけないといった情報を、勝手に計算して教えてくれる。またメールの内容を解析して、アマゾンからの荷物が家に配送されたといった情報も表示する。

腕に付いたら、とたんに面白くなった

正直、スマートフォンを使っている時は、Google Nowはうっとうしいので使っていなかった。それは、スマホを使う時には明確な目的があり、特定のアプリを使いたいときにしかスマホを使っていなかったからである。スマホを買ってもらったばかりの高校生じゃあるまいし、大の大人は意味もなくスマホをチェックしたりなどしないだろう。

だがGoogle Nowのディスプレイ装置が腕に付いただけで、表示される情報がとたんに面白く化けたのである。正直いうと、役に立たない情報も少なくないが、次にどんな情報が出てくるのか予想が付かず、コントロールもできないので、逆にそういうところが見ていて楽しいのだ。

僕個人としては、家に居るときはアラームや電話応答などがあるのでApple Watchを付けているが、外出しているときはAndroid Wearを付けている。どのみち1日中は電池が持たないので、2台を交代で使うとちょうどいいのだ。

先日のGoogle IOで、Google Nowに新しい機能「Now on Top」が加わることが発表された。ユーザーが自分に必要だとは気づかない情報を、必要になる前に提示するという。これはまさに、Android Wearが目指す方向と一致する。

人の行動のサポーターとして、アップルとグーグルどちらの方向性が正しいのか、結論を出すのはまだ時期尚早だろう。だが情報をエンタテイメント化することに成功しているのは、今のところグーグルだ。

iPhoneにGoogle Now(というかGoogle App)をインストールすればApple Watchでも同じ挙動にできるとはいえ、アップル的にそれは本意ではないだろう。現時点でApple Watchは、いささか優等生すぎるように思う。

プレタポルテの関連記事
定額衣装レンタル「bemool」を試してみた(小寺信良)
新「MacBook」ーー「ペタペタ」キーボード礼賛論(西田宗千 佳)
未来系南の島・香港から日本の将来を占う(高城剛)

 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT