グーグルが明かしたワクワク5つの近未来

開発者会議の基調講演を読み解く

基調講演では、次々に新製品の説明が行われた。写真はサンダー・ピチャイ上級副社長(写真:AP/アフロ)

米国時間5月28日、グーグルの年次開発者イベントである「グーグル I/O」が始まった。サンフランシスコの会場では基調講演が行われ、最新のOSやアプリ開発環境について披露された。

グーグルの事業構造は検索と広告ビジネスを中心としている。しかし同時に、社員の能力を最大限に引き出しながら、さまざまなプロジェクトを自由闊達に行う文化がある。一見バラバラに見えるこうした活動や研究の歯車が合い始めたとき、全く新しいコンピューティングの環境が作り出される可能性がある。今回の基調講演では、まさに、その瞬間を見せつけられたようだった。そのポイントを5つの発表を軸に読み解いていこう。

成熟と創意工夫を感じるモバイルOS

まずはAndroid M。グーグルの主戦場は、他の企業と違わず、モバイル、そしてスマートフォンだ。既にモバイルOSのAndroidは世界のスマートフォンの8割以上のシェアを誇り、市場を独占しつつある。

今回グーグルは、Androidの次期バージョンである「Android M」をプレビューし、主要な新機能を披露した。ユーザーの安全性、アプリ体験に関するもの、モバイル決済、そしてバッテリー対策が挙げられる。
ユーザーのセキュリティ懸念を改善するため、カメラやマイク、連絡先などの機能にアプリがアクセスする際、OSが許可を与える方式を取り入れ、ユーザーが勝手に自分のデータをアプリに利用されないよう対策を施した。

また、Google Walletから名称を変えたモバイル決済「Android Pay」とOSでの指紋認証サポートは、Apple Payに明確に対抗している。NFC(近接通信)を活用した店頭での決済と、オンライン決済の双方に対応し、NFC内蔵のAndroidデバイスで利用できる。

バッテリー対策では、デバイスの利用パターンから、使われていないときの待機電力を極力抑える「Doze」もユニークな、そして人に寄り添うテクノロジー活用として、Androidの成熟を感じさせるものだ。

ただし、基調講演でより力を入れて紹介していたのは違う製品だ。

次ページ2つめの注目点は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT