AppleWatch、丸1カ月使って分かったこと

脱iPhoneの瞬間を作る最強のアクセサリ

スマートウォッチの分野では、PebbleがKickstarterのプロジェクトを成功させて以降、注目を集め始めたサムスン電子などのスマートフォンメーカーも先行して取り組んでおり、いち早く円形のスマートウォッチを出したLGは高い評価を得た。

グーグルはAndroidデバイスと組み合わせることができる「Android Wear」を整備し、モバイルプラットホームを担うメーカーが本格的に参入し始めていた。

そうした中で、アップルは満を持してじっくりと成熟させ登場させたかっこうだ。2015年4月24日発売の「Apple Watch」は、アップル初のウェアラブルデバイスだ。

Apple Watchは42mmと38mmの2つのサイズがあるが、デザインは全く同じ。ケースの材質によってモデルが分かれており、軽量で価格を抑えたアルミニウムのApple Watch Sport、18金を用いた最高級のApple Watch Editionが用意される。

筆者は4月24日からこれまで約1カ月間、スタンダードモデルとなるステンレススチールを用いた「Apple Watch 42mm ミラネーゼループ」を使用してきたので、そのレビューをお届けする。

デザインは存在感あるニューソン色の強い製品

上の画像をクリックするとアマゾンの特設サイトにジャンプします

Apple Watchを作り始めるために、アップルはいくつかの準備をしてきた。

アルミニウムやステンレススチール、そして18金など、ケースに利用する素材と加工法の選択から始まり、質感と完成度の双方で妥協しなかった特徴的なバンドの数々など、非常にこだわりと工夫が感じられるでき映えとなっている。

現在のアップルは、工業デザインとインターフェイスデザインを、ジョナサン・アイヴと彼が率いるデザインチームが担当してきた。できるだけシンプルに、できる限り薄く。そして自然に使いこなせるよう配慮されたデザインだ。

なお、ジョナサン・アイヴは昇進し、アップル初の役職である最高デザイン責任者(Chief Design Officer)に就任している。

次ページそこに存在しないことが美徳
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 令和の新教養
  • コロナショックの大波紋
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。