「フルサイズでミラーレス」という新境地

ミラーレス一眼のα7Ⅱを使い倒してみた

SONY ミラーレス一眼 α7 IIを1週間使い倒してみた。
当連載は、スマートライフを実現するためのガジェットを紹介するコーナー。ここで紹介する商品は、筆者が実際に使用した(している)ものの中から、「いいもの」だけを厳選。当該企業から広告費などをもらっていない、中立なレビュー記事である。

 

2回続けてデジタルカメラのレビューとなる。今回はソニーのフルサイズセンサーを搭載したミラーレス一眼の最上位シリーズに追加されたα7 IIだ。

従来のα7は併売されるが、暗所や動画撮影に強い5軸手ぶれ補正を搭載し、またより早いオートフォーカス、起動速度などの改善も施され、充実度が増している。

前回同様、ニコン製一眼レフカメラ、小型のオリンパス製ミラーレスカメラ、そしてiPhoneという3種類のカメラを使っている筆者が、本気でカメラを買い換える前提で、1週間のレビューを行った。

ソニーのカメラはデジタル技術と大型センサーに強み

上の画像をクリックするとアマゾンの特設サイトにジャンプします。

ソニーは、α(アルファ)ブランドで、デジタルカメラの世界での成長を手に入れたブランドとなった。競合が小型化が難しい、一眼レフカメラへのこだわりを見せる中、初心者から中上級者までをカバーするミラーレス一眼に取り組んできた。

デジタル技術と、ミラーレスの中では大きいセンサーサイズ、という2つの優位点を活用し、コンパクトで低価格のスマホ時代のデジタルカメラを作ってきた。エフェクト撮影やWi-Fi機能への対応や、スマホのカメラでは実現できない作品作りをうまく訴求してきた。

α7シリーズは、そうしたミラーレスカメラとして、次のステージへの挑戦が伝わってくる。

次ページ気になる手ぶれは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT