新しいMacBook、実はiPadキラーだった

軽くて薄いマシンの真価とは?

MacBookは買いなのか?
当連載は、スマートライフを実現するためのガジェットを紹介するコーナー。ここで紹介する商品は、筆者が実際に使用した(している)ガジェットの中から、「いいもの」だけを厳選している。当該企業から広告費などはもらっていない、中立なレビュー記事である。

 

今回は、4月10日に発売されたアップルの新製品、MacBookのレビューをお届けする。

新しいMacBookは、これまでのMacの中でもっとも薄く、もっとも軽いモデルとなる。筆者は、アップルから、スペースグレーのCore M 1.1GHz 256GBストレージモデルを借り受けた。しばらく、これをメインマシンとして使ってみることで、多くのことがわかった。

とにかく薄い、軽い

上の画像をクリックするとアマゾンの特設サイトにジャンプします。

アップルのMacラインナップの中で、これまで最も小さく、軽いモデルだったのは、11インチMacBook Airだった。今回、そのAirの担っていたポジションに取って代わるのが、12インチの新MacBookである。

特徴はとにかく、薄くて軽いことである。920gという重量は、前回レビューしたMacBook Pro 13インチと比較して3分の2程度だ。筆者が普段使っている2012年モデルのMacBook Pro 15インチRetinaディスプレイモデルに比べると半分以下の重さになる。とにかく軽く感じられる。

また、最薄部こそMacBook Airの薄さが勝るが、ディスプレイの薄型化によって、1.31cmを実現している。本体の最も厚い部分はヘッドフォンジャックの直径ほどしかない。

また、これまでシルバー1色だったMacシリーズに、カラーバリエーションをもたらした点も特筆すべきだ。筆者のiPhoneはスペースグレーだが、これと全く同じ仕上げになっているため、頻繁に使う道具を統一感をもって揃えることができる。

もちろんシルバーに加えてゴールドも用意されており、画一的だったMacBookのイメージに変化がつき始めた。特にスペースグレーとゴールドは、珍しさもあるが、その仕上げの美しさに、街やカフェで見かけたらつい二度見してしまうのではないだろうか。

次ページ外へ持ち運ぶ際の重装備が不要に
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 買わない生活
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT