新しいMacBook、実はiPadキラーだった 軽くて薄いマシンの真価とは?

✎ 1〜 ✎ 11 ✎ 12 ✎ 13 ✎ 最新
拡大
縮小

MacBookには、薄型化と静粛性を追求した新しいメカニズムのキーボードが採用された。キートップは大きくなり、ボディの端から端までがキーボードで敷き詰められるデザインとなっている。

薄型化のためのメカニズムであるため、キーストローク、つまりキーを押し込んだときの深さは、ハッキリ言ってほとんどない。深さあるキーボードと同じように強めに打鍵するとすぐに底を打つが、ボディそのものの剛性感が高いため、安心感を損なわずタイピングが続けられるが、初めのうちはキーボードの底からすぐに指が跳ね返される感覚で、テンポがつかみにくい。

しかし、しばらく使っていくと、MacBookのキーボードを使っていくと、指先に込める力や、上下動を減らしても十分にタイピングをすることができるということが分かってくる。

これまでの無駄な動きが減っていき、MacBookのキーボードに最適化した動きができるようになってくると、だんだんキートップのサイズが大きくなったこと、どこを押しても同じように認識されることがメリットに変わり、新しいキーボードでも快適に素早く入力できるようになってくる。

これが慣れ、と言うものだ。キーボードのような道具は、慣れたモノが最も使いやすい、と感じるため、必ずしも「絶対」というものはない。ただ、中にはコツがつかみにくかったり、コツをつかんでもミスが多いキーボードもある。

そうした意味で、MacBookのキーボードは、コツをつかめば十分スピードを出すことができる、と評価できる。

長時間頼れる、完璧なサブノート

MacBookは、Macシリーズのラインアップの中で、価格を別にすれば、もっともライトなユーザー向け、という位置づけだ。

性格として、薄型・軽量をウリにしてヒットとなったMacBook Airにも似ており、将来的にこれに取って代わる可能性、特に11インチMacBook Airがこのまま残るかどうかには、疑問が残る。

次ページパワーユーザーのメインマシンにはならない
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT