新しいMacBook、実はiPadキラーだった

軽くて薄いマシンの真価とは?

多色展開をしている点でもiPadの競合になりうる

その一方で、薄型化、小型化を実現するため、Intel Core Mプロセッサという、超低消費電力を優先したプロセッサを選択しており、MacBook Airシリーズに採用されているCore i5プロセッサで比較すると、2011年頃の処理性能しかない。

ただ、レビューしている際、愛用しているテキストエディタiA Writer Proを中心に、メール、カレンダー、写真、簡単なiPhone動画の編集などをこなしてみると、滞りなくこなすことができた、というのが感想だ。

サブノートPC、あるいはネットブックのポジションとして十分以上の役割を果たしてくれるため、パワーユーザーのメインマシンにこそなり得ないが、多くの時間をMacBookで過ごす事は、非常に現実的だと考えられる。

iPadの競合に?

また、Macの新たなユーザーを開拓する役割として、期待できる。例えば、iPhoneしか使っていない人が選んだり、仕事でiPadに外部キーボードを接続して使っている人は、MacBookを選ぶことで、フルサイズのコンピュータ体験を、iPad+αのサイズ・重さで実現することができる。

3色揃えてあることも、iPadとの競合になり得ることを意識させる仕様だ。いままで、iPadを選んできた人にとって、新しい選択肢が追加された。よりデザインにこだわりながらMacを使いたいユーザーにとっては、必要充分な性能と、優れたデザイン性が、魅力的な1台、といえるだろう。

関連記事
トピックボードAD
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。