iPhone無双!アップル「超優秀決算」の衝撃

たった3カ月で7447万台も売れていた

(撮影:尾形文繁)

米国西海岸時間1月27日午後2時、アップルは2015年第1四半期(10~12月)決算を発表した。今回の決算は2014年10月から12月、いわゆるホリデーシーズン向けに投入した新製品の売り上げが含まれており、iPhone 6・iPhone 6 Plus、iPad Air 2、Retina化されたiMacなどの評価を図る決算として注目されていた。

決算はひとことで言えば、市場予想を凌駕する、「超優秀」な内容だ。全体で見ると、アップルは同四半期に746億ドルの売り上げと、純利益180億ドルを計上した。利益率も39%。こちらも向上している。アップルの全売り上げにおける海外比率は65%となっている。米国外での売り上げが大きい米国企業は、昨今のドル高の影響で業績を落としているが、アップルはそんな影響を軽くはねのけてしまった。

iPhoneは中国での増加が目立つ

主役は、なんといってもiPhoneだ。アップルは年末の3カ月に、iPhoneを約7447万台も販売した。この数字は前年同期比で2345万台、46%の増加となり、当然これまでの販売の最高記録だ。

iPhoneについては1月〜3月の2015年第2四半期にも6000万台の売り上げが見込まれており、引き続き、好調な販売が続くと見られる。

過去の記事でiPhoneの強さについて指摘しているが、最も大きいのは高いブランドとロイヤリティを維持している点だ。既存のiPhoneユーザーの8割以上が新型iPhoneを利用し続ける点は、成熟しつつあるハイエンドスマートフォン市場における絶対的な優位性を持っている。

そして2点目はディスプレイの大型化によって、ライバルであるAndroidスマートフォン、とりわけサムスン電子からシェアを奪うことに成功した点だ。その結果は中国・韓国でより大きな効果を生んでおり、中国ではiPhoneがスマートフォンの販売でトップに躍り出た

次ページ中国本土で直営店を積極展開
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT