iPhone無双!アップル「超優秀決算」の衝撃

たった3カ月で7447万台も売れていた

(撮影:尾形文繁)

米国西海岸時間1月27日午後2時、アップルは2015年第1四半期(10~12月)決算を発表した。今回の決算は2014年10月から12月、いわゆるホリデーシーズン向けに投入した新製品の売り上げが含まれており、iPhone 6・iPhone 6 Plus、iPad Air 2、Retina化されたiMacなどの評価を図る決算として注目されていた。

決算はひとことで言えば、市場予想を凌駕する、「超優秀」な内容だ。全体で見ると、アップルは同四半期に746億ドルの売り上げと、純利益180億ドルを計上した。利益率も39%。こちらも向上している。アップルの全売り上げにおける海外比率は65%となっている。米国外での売り上げが大きい米国企業は、昨今のドル高の影響で業績を落としているが、アップルはそんな影響を軽くはねのけてしまった。

iPhoneは中国での増加が目立つ

主役は、なんといってもiPhoneだ。アップルは年末の3カ月に、iPhoneを約7447万台も販売した。この数字は前年同期比で2345万台、46%の増加となり、当然これまでの販売の最高記録だ。

iPhoneについては1月〜3月の2015年第2四半期にも6000万台の売り上げが見込まれており、引き続き、好調な販売が続くと見られる。

過去の記事でiPhoneの強さについて指摘しているが、最も大きいのは高いブランドとロイヤリティを維持している点だ。既存のiPhoneユーザーの8割以上が新型iPhoneを利用し続ける点は、成熟しつつあるハイエンドスマートフォン市場における絶対的な優位性を持っている。

そして2点目はディスプレイの大型化によって、ライバルであるAndroidスマートフォン、とりわけサムスン電子からシェアを奪うことに成功した点だ。その結果は中国・韓国でより大きな効果を生んでおり、中国ではiPhoneがスマートフォンの販売でトップに躍り出た

次ページ中国本土で直営店を積極展開
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。