iPhone無双!アップル「超優秀決算」の衝撃

たった3カ月で7447万台も売れていた

待望のウェアラブルデバイスApple Watchについて、Tim Cook氏は、「2015年早期」という約束を守るべく、4月に出荷を開始することを明らかにした。

Apple WatchはiPhoneと組み合わせて利用するウェアラブルデバイスで、既に2014年9月9日のiPhone 6・iPhone 6 Plusの発表会時に披露され、その後2014年11月にApple Watch向けアプリを開発することができるWatchKitを開発者向けに公開している。

その後情報の少なさ、発売までの時間の長さから消費者の関心をやや失いつつある中での発売のタイミングの発表は、製品を待っている購入希望者にとって嬉しい情報となるだろう。

またやはり9月9日に発表され、10月20日から開始されたアップルのモバイル決済サービスApple Payについてのデータも披露された。

これによると、非接触決済の2/3以上のシェアを確保しており、Apple Payを導入した高級スーパーチェーンのWhole Foods Marketではモバイル決済が400%増加、ベーカリーチェーンのPanera Breadはモバイル決済の8割がApple Payだったと述べた。

またApple Payをサポートするカード銀行は発表当時の500行から750校に増えており、USA Technologiesが発表した20万箇所の自動販売機やランドリーでもApple Payが利用できるようになる点に触れた。

Apple Payの課題は、米国内ではよりたくさんの場所で利用できるようにパートナーを増やすこと、そして米国外での利用環境を整えて行くことだ。

正しいことを着々と実行する強さ

今回は決算発表だったが、重要市場となった中国での取り組み、そしてアップルの新しいサービスとなったApple Payに関するアナウンス、新たな情報が多く含まれていた。

Apple Watchが4月に出荷されるということは、1月から3月までの2015年第2四半期には含まれないことになり、引き続き、iPhoneとiPad、そして新製品も噂されるMacに注力していくことになる。

気が早いかもしれないが、2015年のiPhoneはこれまでのリリースを踏襲するならば、現行モデルのセカンドバージョンになる。またHomeKitやHealthKit、CarPlayといった外部機器との連携手段の充実などを含め、iPhoneを核としたビジネスの構築と充実というのが、基本的な方針となる。

奇をてらったり驚きを与えることは少ないかもしれないが、正しいことを着実にすすめていくアップルの強さを目の当たりにする1年になるのではないだろうか。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • はじまりの食卓
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先端医療ベンチャー<br>バイオ・AIが巻き起こす長寿革命

GAFAなどのIT大手や名だたる世界の投資家たちが今、医療ベンチャーに熱い視線を送っている。投資額は約1.7兆円、10年で7倍近くに膨らんだ。ゲノム、AIとの融合、異端技術による創薬、不老長寿研究……。次世代医療の覇者は誰か。