iPhone、中国でのスマホ出荷台数トップに

サムスン電子は3位に転落

 1月27日、アップルの中国スマホ出荷台数が、第4・四半期に首位だったことが明らかになった。写真は杭州でオープンした店舗に詰め掛けた客。24日撮影(2015年 ロイター)

[27日 ロイター] - 米アップル<AAPL.O>の中国でのスマートフォン(スマホ)出荷台数が、第4・四半期に韓国サムスン電子<005930.KS>と中国の小米科技(シャオミ)[XTC.UL] を上回り首位に躍り出ていたことが、調査会社カナリスの調べで明らかになった。

アジア市場では、前年9月に投入された「iPhone(アイフォーン)6」と「アイフォーン6プラス」が価格が高いにもかかわらず人気を集めており、サムスンは第4・四半期の中国出荷台数では3位に終わった。

カナリスのアナリストは「中国市場では大画面と高速通信『LTE』が成功のカギとなっていたが、アップルはようやくこれをつかんだ」としている。

アップルはサムスンのお膝元の韓国でもシェアを伸ばしており、香港の市場調査会社、カウンターポイントによると、前年11月に過去最大となる33%を獲得している。

アップルは27日、米株式市場取引終了後に決算を発表する。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナウイルスの恐怖
  • 若者のための経済学
  • 今日も香港から
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。