iPhone、中国でのスマホ出荷台数トップに

サムスン電子は3位に転落

 1月27日、アップルの中国スマホ出荷台数が、第4・四半期に首位だったことが明らかになった。写真は杭州でオープンした店舗に詰め掛けた客。24日撮影(2015年 ロイター)

[27日 ロイター] - 米アップル<AAPL.O>の中国でのスマートフォン(スマホ)出荷台数が、第4・四半期に韓国サムスン電子<005930.KS>と中国の小米科技(シャオミ)[XTC.UL] を上回り首位に躍り出ていたことが、調査会社カナリスの調べで明らかになった。

アジア市場では、前年9月に投入された「iPhone(アイフォーン)6」と「アイフォーン6プラス」が価格が高いにもかかわらず人気を集めており、サムスンは第4・四半期の中国出荷台数では3位に終わった。

カナリスのアナリストは「中国市場では大画面と高速通信『LTE』が成功のカギとなっていたが、アップルはようやくこれをつかんだ」としている。

アップルはサムスンのお膝元の韓国でもシェアを伸ばしており、香港の市場調査会社、カウンターポイントによると、前年11月に過去最大となる33%を獲得している。

アップルは27日、米株式市場取引終了後に決算を発表する。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT