新MacBook、肝心の使い勝手はどうなのか

パフォーマンス面では若干の不安も

MacBookはアップルらしいシンプルなパッケージに納められている

4月10日は、デジタルエレクトロニクスの世界は、アップルが満を持して発売したApple Watchの展示および受注開始の話題で持ちきりだ。その陰に隠れてはいるものの、MacBookの発売も、また10日に始まった。

アップルは通常、一部のオリエンテーションを受けた記者を除き、発売日以降でなければ実機での評価を許していない。正しい情報のインプットを重視し、誤った噂に支配されないためのようだ。

・・・というわけで、筆者も発売日である4月10日、評価用のMacBookに初めて触れることができた。東洋経済オンラインを愛読しているビジネスパースン向けに、"携帯する情報ツール"としてのMacBookの評価レビューは、しっかり使い込んだ上でお届けしようと思う。今回は、まずは本体写真とともにファーストインプレッションをお届けしたい。

試用でお借りしたMacBookは写真から分かるとおり、ゴールドモデル。搭載プロセッサは1.1GHz(Turbo Boost時に最大2.4GHz)のIntel Core Mプロセッサで、メインメモリは8Gバイト、フラッシュストレージは256Gバイトのモデルである。価格は14万8800円だ。MacBookには他にも、1.2GHz(Turbo Boost時最大2.6GHz)、512Gバイトフラッシュストレージの上位モデル(18万4800円)もあり、オプションで1.3GHz動作版のIntel Core Mを選ぶ事も可能だ。

「LaVie Z」はすでに超軽量で高精細液晶だが・・・

IPS方式の液晶ディスプレイは12インチちょうどで、Surface Pro3でも使われている3:2の縦横比ではなく他のMacBookと同じ16:10だ。。解像度は2304×1440画素だ。この画素数と画面サイズの 組み合わせにより、画素密度は1インチあたり226画素という高精細表示を実現している。

もっとも、高精細な液晶ディスプレは今どき珍しいわけではない。Windows搭載機ならば、これまでにもNECがLaVie Zで超軽量の高精細液晶搭載機を発売するなどしている。しかし、MacOS Xを望むユーザーにそうした話は無粋だろう。

次ページ9時間駆動のバッテリーが魅力的
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT