新MacBook、肝心の使い勝手はどうなのか

パフォーマンス面では若干の不安も

MacBookはアップルらしいシンプルなパッケージに納められている

4月10日は、デジタルエレクトロニクスの世界は、アップルが満を持して発売したApple Watchの展示および受注開始の話題で持ちきりだ。その陰に隠れてはいるものの、MacBookの発売も、また10日に始まった。

アップルは通常、一部のオリエンテーションを受けた記者を除き、発売日以降でなければ実機での評価を許していない。正しい情報のインプットを重視し、誤った噂に支配されないためのようだ。

・・・というわけで、筆者も発売日である4月10日、評価用のMacBookに初めて触れることができた。東洋経済オンラインを愛読しているビジネスパースン向けに、"携帯する情報ツール"としてのMacBookの評価レビューは、しっかり使い込んだ上でお届けしようと思う。今回は、まずは本体写真とともにファーストインプレッションをお届けしたい。

試用でお借りしたMacBookは写真から分かるとおり、ゴールドモデル。搭載プロセッサは1.1GHz(Turbo Boost時に最大2.4GHz)のIntel Core Mプロセッサで、メインメモリは8Gバイト、フラッシュストレージは256Gバイトのモデルである。価格は14万8800円だ。MacBookには他にも、1.2GHz(Turbo Boost時最大2.6GHz)、512Gバイトフラッシュストレージの上位モデル(18万4800円)もあり、オプションで1.3GHz動作版のIntel Core Mを選ぶ事も可能だ。

「LaVie Z」はすでに超軽量で高精細液晶だが・・・

IPS方式の液晶ディスプレイは12インチちょうどで、Surface Pro3でも使われている3:2の縦横比ではなく他のMacBookと同じ16:10だ。。解像度は2304×1440画素だ。この画素数と画面サイズの 組み合わせにより、画素密度は1インチあたり226画素という高精細表示を実現している。

もっとも、高精細な液晶ディスプレは今どき珍しいわけではない。Windows搭載機ならば、これまでにもNECがLaVie Zで超軽量の高精細液晶搭載機を発売するなどしている。しかし、MacOS Xを望むユーザーにそうした話は無粋だろう。

次ページ9時間駆動のバッテリーが魅力的
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • インフレが日本を救う
  • コロナショック、企業の針路
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。