新MacBook、肝心の使い勝手はどうなのか

パフォーマンス面では若干の不安も

MacOS Xが動作する製品として、MacBookは920グラムという軽量ボディとアルミ削り出しの筐体、iPhoneと共通のカラーリング、それにこの軽さと高精細ディスプレイを組み合わせた上で、9時間というバッテリ持続時間を実現しているところが魅力となる。

一方で、Core Mプロセッサは薄型・軽量の2-in-1パソコンやパワフルなタブレット型Windowsパソコン向けに企画されたもので、一般的なパソコンに提供されているIntel Coreプロセッサに比べると、省電力で小型・薄型のパソコンは作りやすいものの、フル機能のパソコン向けとしては、パフォーマンス面では若干の不安も残る。

もっともファーストインプレッションとしては、悪い印象はない。ベースモデルではあるものの、TurboBoostが効果的に効いているのが、Webブラウジングや一般的な文書作成でパフォーマンスに不足を感じることはないだろう。

このところ、MacOS X標準のメールクライアントは、複数アカウント+大量のメールを溜め込んでいるとき、とくにGoogle Appsとの組み合わせで動作が緩慢に感じる事があるが、現時点では使い始めということもあって不満はない。フラッシュストレージが高速なことが理由と思われるが、詳細は追って書くレビュー記事でお伝えしよう。

超ショートストロークのキーボードの使い勝手は?

キーは非常に浅いストロークだ

なお、超ショートストロークのキーボードは、当初はそのフィーリングの違いに違和感があるが、こうして記事を書き進めている間にも慣れてきた。剛性はたいへん高いため、さらに使い込めば違和感がなくなるかもしれない。

一方、電磁アクチュエータによるフィードバック機構と圧力センサーによる二段階クリックを検出する新型トラックパッドは、何も考えずに使っていると従来のトラックパッドとの差を意識しないほど自然な実装だ。手で触れるガラスプレートは、四隅の圧力センサーが組み込まれており、間に柔軟性のあるパッドが挟まれているようだ。押し込むと若干ではあるがストロークがあり、それもフィーリングを自然にしている理由となっていると見受けた。

使い始めた初見の印象はよく、パフォーマンス面でのネガティブさよりも可搬性の高さの方が利点として上回る。「自宅やオフィスでMacを使うユーザーが、プラスαで使う製品」という当初の印象は今も変わっていないが、携帯性の高いMacを望んでいるなら、これは良い選択肢だと思う。
 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナ時代の人づくり最前線
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT